消費者金融比較ガイド|各社一覧!ランキング&おすすめ情報

2017年おすすめの消費者金融

初めてなら無利息期間あり&業界トップクラスの申込者数の「アコム」

「今日中にお金が必要」

 

「無利息期間があるキャッシング会社を探している」

 

そんな人には、大手消費者金融で1番人気のアコムをおすすめします。

 

ACマスターカードが「即日」でカードを発行できます!

 

初回契約で最大30日間の無利息期間&最短で融資可能!誰にもバレないで借りられます※対象金融機関は200行以上あります

 

  • 年利:3.0%〜18.0%、融資額:1〜800万

 


大手消費者金融のランキング

 

初めての契約で最大30日間の無利息期間を設けているのが業界トップクラスの申込者数を誇るアコムです。

 

アコムのむじんくん・自分が指定する銀行口座・コンビニATMでご融資&返済ができるので大変便利!

 

ショッピング枠を付ける場合ACマスターカードとなります。

 

 

年齢:20〜69歳まで

 

融資額:1万円〜800万円

 

収入証明書:原則50万円まで不要

 

金利:年 3.0%〜18.0%

 

融資スピード:最短30分で審査完了※審査の結果融資不可の場合もあり

 

主婦・アルバイト・パート:安定した収入があれば可能

 

おすすめポイント:初めての契約で最大30日間無利息期間有り&ACマスターカード(ショッピング枠)有り

 

お申込みはこちらから

 ↓  ↓  ↓

アコムバナー

 

 

 

プロミス

大手消費者金融の中で上限金利が17.8%と最も低いのがプロミスです。

 

審査から融資までがスムーズに行われるので、普段忙しくて中々時間がとれないという方に大変おすすめ。

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行なら24時間最短10秒で瞬フリ!メアド登録とWeb明細利用で30日間無利息サービス実施中!

 

 

年齢:20〜69歳まで

 

融資額:1万円〜500万円まで

 

収入証明書:原則50万円まで不要

 

金利:年 4.5%〜17.8%

 

融資スピード:最短1時間で融資可能※審査の結果融資不可の場合もあり

 

主婦・アルバイト・パート:安定した収入があれば可能

 

おすすめポイント:初めての契約で30日間無利息期間有り&上限金利は17.8%

 

お申込みはこちらから

 ↓  ↓  ↓

 

 

 

アイフル

初回契約で最大30日間の無利息期間が付くようになったアイフルですが、現在キャッシングローン以外にも力を入れています。

 

実質年利12.0%〜17.5%の借り換えローンと実質年利12.0%〜15.0%のおまとめローンが好評。

 

月々の利息&返済金額を軽減できるので状況に応じて利用できます!

 

 

年齢:20〜69歳まで

 

融資額:500万円まで

 

収入証明書:原則50万円まで不要

 

金利:年 4.5%〜18.0%

 

融資スピード:最短30分で審査完了※審査の結果融資不可の場合もあり

 

主婦・アルバイト・パート:安定した収入があれば可能

 

おすすめポイント:初めての契約で最大30日間無利息期間有り

 

 

モビット

三井住友銀行グループのモビットは新限度額が800万円、新金利として3.0%〜18.0%に変更になりました!

 

絶対に「ばれない」で借りたいならモビットです!

 

WEB完結申込で申込をすれば在籍確認が電話以外の方法になるので職場などにモビットの利用をばれずに済みます。

 

 

年齢:20〜69歳まで

 

融資額:800万円まで

 

金利:年 3.0%〜18.0%

 

融資スピード:最短即日融資可能(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合がございます。)※審査の結果融資不可の場合もあり

 

おすすめポイント:WEB完結申込で誰にもばれずに借入れが可能

 

お申込みはこちらから

 ↓  ↓  ↓

 

 

 

大手消費者金融はこんな人におすすめ

 

大手消費者金融は、

 

「初めてキャッシングを利用する人」や「アルバイトで安定した収入がある学生・主婦」などにおすすめです。

 

2016年現在消費者金融の大手と言われているのは、

 

「アコム・アイフル・モビット・プロミス」

 

上記の4社です。

 

アコムとモビット・プロミスは銀行グループとなっていますが銀行カードローンではないので「総量規制」がかかります。

 

なので融資額は最大で年収の3分の1までとなります。

 

▲このページの先頭へ戻る

 中小(中堅)消費者金融ランキング

 

ユニーファイナンス

ユニーファイナンスはフリーキャッシングと事業者の方向けののビジネスローンの2つの商品を取り扱っています。

 

中小消費者金融中で最も上限金利が低い!

 

SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスATMとの提携により物凄く便利になりました!

 

最も大手に近い中小金融です。

 

 

 

年齢:満20歳以上

 

融資額:1万円〜300万円まで

 

収入証明書:原則50万円まで不要

 

金利:年 12.00%〜17.95%

 

主婦・アルバイト・パート:安定した収入があれば可能

 

 

 

セントラル

創業から41年!中四国に12店舗を構えている老舗金融がセントラルです。

 

インターネット申込は全国対応。

 

女性でも安心して利用できる「マイレディス」も人気。

 

14時までに審査完了で即日融資も可能です。

 

 

 

年齢:満20歳以上70歳以下

 

融資額:1〜100万円

 

収入証明書:原則50万円まで不要

 

金利:年 4.8%〜18.0%

 

主婦・アルバイト・パート:安定した収入があれば可能

 

 

アロー

アローはフリーキャッシングと借り換え(おまめローン)ローンの2つの商品を取り扱っています。

 

インターネットからの申込は全国対応24時間受付!

 

最短45分で審査が終了!中小消費者金融としては融資スピードも早い!

 

 

 

年齢:20〜69歳まで

 

融資額:200万円まで

 

収入証明書:原則50万円まで不要

 

金利:年 15.00%〜19.94%

 

主婦・アルバイト・パート:安定した収入があれば可能

 

 

 

中小消費者金融はこんな人におすすめ

 

大手消費者金融と比較するとサービスの面で物足りない中小消費者金融ですが、以下の方にはおすすめです。

 

以前大手消費者金融全てで債務整理をしてしまったので借りる所がない!

 

過去に返済を延滞したり債務整理などをおこなうと信用情報機関に事故登録(俗に言うブラックリスト)されますが、この事故登録は一定の期間が経てば全てが削除されます。

 

しかし、信用情報機関から削除はされても「延滞・債務整理をした金融会社の自社システム」には永久的に残るような仕組みがあるので、二度と同じ所では融資してもらえません。

 

更に近年、金融機関が合併・吸収という動きが多いので、一度も利用した事がない所でも永遠に借りれないという事もあります。

 

例えばレイクで過去に債務整理をした場合、レイクではもちろん借入れはできませんが、同じ株式会社新生銀行グループの「ノーローン」でも同じレイクの情報を共有しているので、ノーローンで債務整理をしていなくてもノーローンでブラック扱いとなってしまうということになります。

 

そう考えた場合、プロミスで債務整理をおこなうとダメですし、アコムでブラック扱いだと三菱UFJ銀行カードローンもダメですよね。

 

こうした感じで信用情報機関の情報はキレイになったけど借りれる所がない・・・という方は中小消費者金融を利用するといいと思います。

 

▲このページの先頭へ戻る

銀行カードローンランキング

 

提携ATMを利用する際に手数料がゼロなのが株式会社新生銀行カードローンレイクです。

 

その他レイクの特徴としては、無利息期間です。

 

初めての契約で「5万円まで180日間無利息」「借入れ全額30日間無利息」のどちらかが適応されます。

 

女性専用の商品新生銀行カードローン レディースレイクも好評。

 

年齢:満20歳〜70歳(国内居住の方)

 

融資額:1万円〜500万円

 

収入証明書:ご契約額が100万円まで不要

 

金利:年 4.5%〜18.0%

 

融資スピード:平日14時までにお申込みと必要書類の確認が完了すれば最短即日融資※審査の結果融資不可の場合もあり

 

主婦・アルバイト・パート:安定した収入があれば可能

 

おすすめポイント:初めてならお借入額全額30日間無利息または初めてならお借入額のうち5万円まで180日間無利息

 

 

黒いシックなデザインのカードが特徴!

 

高額融資を希望している人はオリックス銀行カードローンがおすすめ!

 

融資限度額は最高で800万円!金利は業界最低水準3.0%〜17.8%

 

借入れ残高が30万円以下の場合は月々7000円からの返済となります。

 

 

年齢:お申し込み時の年齢が満20歳以上65歳以下の方

 

融資額:最高800万円(10万円単位)

 

収入証明書:原則、ご利用限度額が300万円超の場合必要

 

金利:年 3.0%〜17.8%

 

融資スピード:最短で土日を除く5営業日程度※審査の結果融資不可の場合もあり

 

主婦・アルバイト・パート:安定した収入があれば可能

 

 

 

地方銀行の千葉銀行が提供する商品が、ちばぎんカードローンです。

 

WEB完結なら来店不要!

 

ちばぎんカードローンの特徴としては、銀行ならではの金利です。

 

年4.3%〜14.8%となっていて、上限金利の14.8%は銀行カードローンの中でも低く設定されています。

 

 

年齢:満20歳以上満65歳未満の方

 

融資額:30万円以上500万円以内

 

収入証明書:所得証明書の提出は一切不要

 

金利:年 4.3%〜14.8%

 

融資スピード:最短即日融資※審査の結果融資不可の場合もあり

 

主婦・アルバイト・パート:安定した収入があれば可能

 

備考:千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川の一部の地域(横浜市・川崎市)在住の方が利用できます。

 

 

銀行カードローンはこんな人におすすめ

 

銀行カードローンは消費者金融の大きな違いがあります。

 

総量規制で最大でも年収の3分1までしか借入れができない消費者金融に対して銀行カードローンは総量規制の縛りがありません。

 

場合によっては、

 

年収の3分の1以上の融資を受けられる場合もあるでしょう。

 

その分ハードルは高くなる傾向があります。

 

一般的には消費者金融よりも銀行カードローンの方が審査が厳しいとも言われています。

 

▲このページの先頭へ戻る

消費者金融を比較する時のポイント

当サイトは、大手消費者金融・中小消費者金融・銀行カードローンをランキング形式にして掲載しています。

 

このランキングは申込者数や利便性などを考慮し、当サイトが独自の視点で総合的に判断し順位をつけた物です。

 

なのでキャッシング会社を探す人によっては必ずしもランキングの1位になっている所を選ぶ必要はないと思います。

 

消費者金融を比較する時は各社の特徴を見て判断した方がいいと思います

 

個人個人で求めている箇所が違う場合もあると思うんです。

 

わずかな差でも金利が一番低い所に申し込みたい・・・

 

長期間の取引をしたい訳じゃないから無利息期間がある場所がいい・・・

 

とにかく急いでいるから審査が早いところがいい・・・

 

など、人それぞれあると思うので自分が一番こだわりたい箇所を比較して選ぶのが望ましいと思います。

 

金利や融資スピード、無利息期間の有無などを比べ、自分に合った所に申し込んでみてください!

 

 

▲このページの先頭へ戻る

消費者金融の審査が通らない場合の原因とは?

カードローンを利用する場合最もスピーディに融資を行ってくれるのは消費者金融です。

 

近年の消費者金融の傾向としては即日審査・即日融資を謳い文句として営業を行っているため、問題が無ければその日のうちに融資が可能になるため急にお金が必要になった場合でも便利に使用できます。

 

しかし中には消費者金融の審査が通らないというケースもあり、それには審査が通らない理由が必ず存在しています。

 

まず審査が通らない原因として挙げられるのが申し込み金額が高すぎる場合です。

 

消費者金融の場合貸金業法下で営業を行っており、総量規制という規制の下融資を行ないます。

 

この総量規制には貸し付けは年収の三分の一までと言う規制があるため、それを超える金額で申し込みを行うと総量規制にひっかかるため審査が通らないということになります。

 

すでに他社で借り入れがある場合はそれも総量規制の対象となり、全ての合計が年収の三分の一を超えた場合も審査は通りません。

 

働いておらず収入が無い場合も総量規制の規制対象となり、審査対象外扱いととなるため申し込みを行っても審査を通らないことになります。

 

次に多いのが過去に金融事故を起こしている場合で、延滞や滞納を繰り返していた場合や、債務整理を行なったことがある場合は審査が通らない場合もあります。

 

これは信用情報機関にその情報が残っているためで、最低でも5年は経過していないとその情報はクリアにならないため消費者金融の審査が通らない可能性が極めて高くなります。

 

同時に複数の消費者金融に申し込みを行った場合も、何故一度に複数の申し込みをする必要があるのかという疑念が生まれやすくなるため、審査の段階でそれが不利に働き審査が通らないと言うこともあります。

 

その為複数の申し込みは避けるべきですし、何度も繰り返し申し込みを行うのも審査ではマイナスに働きますので注意しなければいけません。

 

審査を通らない場合は焦らずに時間を置いて改めて申し込みを行うことも必要ですので、何故審査を通らないのかを冷静に考えることも必要です。

 

消費者金融カードローン限度額についての注意点

 

ここ数年、消費者金融のカードローンを利用される方は増えています。

 

即日融資が可能な事や、無担保、無保証で融資してくれるといった利便性が高い事も増加の理由といえます。

 

そんな便利なカードローンですが、一体いくらまで借入する事が出来るのか考えたいと思います。

 

消費者金融の広告などを見ていると、「最高500万円まで融資可能」などといった謳い文句を目にします。

 

一見、これだけの金額を即日に貸してくれるというのであれば、いざという時にも安心できると思いがちです。

 

そもそも消費者金融のカードローンは、無担保・無保証となっている為に信用だけで融資する事になります。

 

いわゆる「信用貸し」とも言われています。ですので利用者の勤め先や勤続年数、年収などによってその限度額は大きく変わってきます。

 

あくまで、ローン利用の最高限度額という事を間違えない様にしましょう。

 

ちなみにいきなり最高限度額500万円を1社で利用できるという方は、かなりの与信が良い人といえます。

 

はじめて利用される多くの方が、1社あたり多くても50万円程度までしかし借りられない為に、多くの金額を必要とする場合は複数社に申し込みする必要が生じてきます。

 

ただし注意したいのが消費者金融では総量規制の対象になるという事です。

 

総量規制とは、貸金業法により消費者金融などの貸金業者は申込み者の年収の3分の1までしか貸付をできなくなっている、という事です。

 

そしてこの規制は各消費者金融ごとに借りれる額ではなく、自分が借りられるお金の総額が対象となるという事です。

 

例えば、年収300万円の人が1社目で100万円借りた後に別の消費者金融に行ったとしても、総量規制によって限度額に達している為、貸してもらう事は出来ません。

 

又、初めての利用でいきなり年収の3分の1の上限いっぱいまで貸してもらえるという事は難しいといえます。

 

やはり借りる側の信用状態によるところが大きいという事です。

 

ちなみに最初の審査で決まった利用限度額は、きちんと返済を行って行く事で総量規制の年収の3分の1の範囲内になりますが、融資限度額を広げてもらうことは可能です。

 

消費者金融の追加融資と増額申請について

 

消費者金融ではお申込みするとご利用限度額が設定されます。

 

最大300万円や500万円と言った高額なご利用限度額がご用意されていますが、新規でお申し込みした場合は最大まで設定されることは少ないです。

 

お申込者の属性にもよりますが最初は10万円から50万円ほどのご利用限度額が設定されることが多くなっています。

 

設定されたご利用限度額の範囲なら何度でも追加融資が受けられます。

 

例えば50万円のご利用限度額が設定された場合、最初に10万円の融資を受けておき、まだ返済中でも20万円の追加融資を受けると言ったことが可能です。

 

ローンの中には追加融資を受ける時は再審査が実施されるものがあります。

 

しかしご利用限度額の範囲であれば追加融資を受けても再審査は実施されないです。

 

発行されたカードを利用して消費者金融ATMやコンビニ提携ATMなどから簡単に追加融資が受けられます。

 

追加融資を繰り返していると借入残高が膨らみやすいですが、どんなに膨らんでもご利用限度額までです。

 

50万円のご利用限度額であればトータルで50万円まで、それ以上の融資は受けられないです。

 

もし今のご利用限度額では足りないと言う場合は消費者金融に増額申請するという方法があります。

 

増額申請すると再審査が実施され、その審査に通過すると増額が認められます。

 

審査に通過しなかった・・・となってしまうと増額は認められないです。

 

新規でお申し込みし、ご利用スタートしてすぐに増額申請しても認められることは殆ど無いです。

 

半年ほどのご利用実績を積み重ねると増額申請が認められやすいと言われています。

 

この間に返済を遅延すると増額申請で実施される再審査落ちとなる可能性が高いので、毎月の返済期日には遅れないように注意が必要です。

 

遅延の無い優良顧客の場合は消費者金融からご利用限度額を増額しませんかとお電話が掛かってくることがあります。

 

増額が認められたからと言って安易にご利用限度額一杯まで融資を受けてしまうと後で返済が大変です。

 

必要以上の融資は受けないこと、無理のない返済計画を立てることが重要です。

 

消費者金融からお金を借りたら早めに完済をしましょう

 

消費者金融からお金を借りたら利息は日割計算で付きます。

 

日割計算では借入残高×実質年率÷365日×ご利用日数=利息の計算式となっています。

 

借入残高は少ないほうが、実質年率も低いほうが、ご利用日数も少ないほうが完済するまで早くなり利息のお支払が減ります。

 

借入残高を少なくするには余計なお金を借りずに必要な分だけに抑えるのが一番です。

 

実質年率は消費者金融によって予め決められています。

 

消費者金融は利息制限法により上限利息が定められています。この利息制限法では最大20%までと制限されていますので、きちんとした消費者金融であればこれ以上にはならないです。

 

ご利用日数を少なくするには追加返済を心がけるのが一番です。

 

消費者金融では毎月約定返済額をお支払しますが、それに加えて追加返済が行えます。

 

消費者金融の多くで残高スライドリボルビング返済方式を取り入れています。

 

この返済方式では借入残高に応じて毎月の約定返済額が変わるシステムになっています。

 

借入残高が増えると約定返済額が増え、借入残高が少ないと約定返済額が減ります。

 

約定返済額は最少に設定されており返済が楽なのですが、最少のまま返済を続けているとご利用日数が長くなることが多いです。

 

利息のお支払が増えてしまいますので、なるべく追加返済を行ってご利用日数を短くし、早めに完済することを心がけたほうがお得です。

 

約定返済額の返済方法は消費者金融にもよりますが、インターネットやATMや自動引き落としなどいろいろです。

 

インターネットなら自宅に居ながら返済手続きが行えます。

 

ATMは消費者金融のATM、全国の金融機関やコンビニなどに設置されている提携ATMがあります。

 

自動引き落としは予め登録してある銀行口座から返済期日が来ると自動的に引き落としされます。

 

完済するまで返済手続きを行わずに済む自動引き落としが一番楽です。

 

銀行口座が残高不足だと引き落としができませんので、会社に勤務していて毎月お給料を振り込んで貰っている方はその銀行口座を登録しておくと良いです。

 

有名タレントを積極的に起用する消費者金融&銀行カードローン

 

最近の消費者金融のコマーシャルを見ていると、AKB48、谷原章介さんと言った人気のあるタレントが出演しているのをく見かけます。

 

私が思うに、こう言った流は元々ネガティブイメージがあった消費者金融のイメージを明るくポジティブなイメージに見せようと言った狙いがあるものと思います。

 

消費者金融の歴史を考察すると、日本の高度経済成長と共に世間に定着していった業界ではありますが、その裏には強引な回収、昼夜問わない家庭訪問や催促の電話、暴言や歩暴力と言うのが日常的に行われ、それが社会問題になることで世間から敬遠がちな存在になります。

 

当時からコマーシャルは行われていたものの、その内容は今のものと比べて至って地味で、放映されていた時間帯もあまり視聴者がいない深夜帯に行われる事が常でした。

 

法律が整備され、利息制限法、出資法と言った法律が施行されて以降、消費者金融のコマーシャルにも変化が生まれます。

 

今から20年ほど前あたりから今のような有名タレントこそ出演しなかったものの、武富士ダンス、アイフルのチワワと言った明るいコマーシャルが深夜だけではなく、昼間やゴールデンアワーと呼ばれるテレビ視聴者が多くいる時間帯に積極的に放映する事で、再び流れを取り戻す事に成功しました。

 

しかしそれでも昔から根付いたネガティブなイメージと言うのは中々払拭出来ず、また過払い金の請求等で再び逆境に立たされる事となり、コマーシャルも自粛を余儀なくされます。

 

近年、売れっ子と呼ばれるタレントが再び消費者金融のコマーシャルに出演、また消費者金融も更なる厳しい風に晒され、昔の様な営業と言うのはほぼ皆無となったものの実際はコマーシャルの内容より、その企業の質と言うのが問われます。

 

見ている視聴者の方々もコマーシャルに出演しているタレントやそのコマーシャル内容にとらわれず、その企業の質、また社員の接客、利息の高さ等でできちんと見極めるべきだと思います。

 

消費者金融の催促について知っておきましょう

 

お金に困ったときの味方と言えば消費者金融がありますが、当然返済がしっかりと行われないと催促がなされることになります。

 

消費者金融の催促というのはテレビドラマなどの影響かとても怖いイメージを抱く人が多いかもしれませんが、実際にはそういったことはなく機械的にプロセスを踏んで行われているそうです。

 

まずは消費者金融などのローン会社における催促では禁止されている行為などを知っておくと便利なので今回はそれを説明していきたいと思います。

 

まず消費者金融の催促として法律で定めているものしては時間帯があります。

 

こちらは午前9時から午後8時までとなっておりこれ以外に時間帯に電話やファックスや自宅訪問をすることは禁じられています。

 

また借金の催促としてイメージされがちなのは仕事場への催促の連絡ですが、こちらも正当な理由がない限りは勤務先や自宅以外に対して催促の行為をすることは禁じられています。

 

テレビドラマなどでは借金の催促で家族や恋人などのもとへ連絡や催促などが行われているものもありますが、こういったものは法律で禁止されているので覚えておきましょう。

 

またこのテレビドラマでよくあるパターンには自身以外の身近の人物に対して借金を建て替えを要求したり、あるいは別の消費者金融などから借り入れをするように要求されることもありますが、こちらも法律で禁止されています。

 

自転車操業として推薦された消費者金融が闇金融だったというケースも少なくないので、こういったことは法律で厳格に禁止されているのです。

 

また債務者が自宅に来た取り立て人に対して退去を命じた場合には、その取り立て人は退去をしないといけないということになっているので、催促など不当に長時間玄関先でやり取りをするということも禁止されています。

 

後は弁護士や司法書士などを通じて交渉を始めた時点から催促などの取り立ては一切できなくなる決まりとなっているので、債務整理が始まってからの取り立てや催促が行われている場合には、その消費者金融は信頼できないという風になります。

 

このように消費者金融の催促には様々な禁止行為があるので、知っておいて自衛をしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

//ac.i2i.jp/bin/nojslink?00064016" target="_blank">