安心してキャッシングするには貸金業法改正をしっかり理解する事

貸金業法改正をしっかり理解する事

一般の方がお金を借りる方法はいくつかあります。
もっとも手っ取り早くて安心なのが身内や友人から借りる方法でしょう。
しかしその後の人間関係を壊す危険があるために、多額の借金や頻繁な借金をする事が出来ません。
それよりはきちんとした金融機関からの融資が望ましいのは言うまでもありません。
近年では若年層のキャッシングでもしやすい環境になっています。
これまでは返済能力の面から、パート・アルバイトの方の利用は制限されてきましたが、現在では学生さんでもクレジットカードでキャッシングができる様になっているのです。
もちろん利用限度額は収入や保証の大きさによって格差を付けてはいます。
ただしその範囲内で計画的に利用するならば、利便性の高い借入が可能になるのは事実です。

そうは言いましても、これまでにクレジットカードを持ったことの無い人や消費者金融でキャッシングをした経験のない方にとっては、返済に関する不安を持たれる事があるでしょう。
利息が不当に高くて、雪だるま式に借金が膨らむ危険性を心配する方もいるかもしれません。
確かにバブル崩壊後の十数年間は、サラ金や闇金による厳しい取り立てで家族崩壊や自殺者もたくさん出た事実があります。
その様な悲惨な状況を見聞きした方であれば、なおさら借金への恐怖感はあってしかるべきです。

そこでどうしても借金が必要な方は、信頼性の高い銀行系のキャッシングを求める様にしましょう。
利息も10%以下の安全なプランが多くあります。
ですが審査条件が厳しいので申し込みができない方は、ノンバンクの消費者金融をあてにする事になります。
ひと昔前では危険度の高かったキャッシングですが、現在では法改正を受けて安全性を増してはいます。
例えば、年利18%(10万円以下の収支は20%まで)を超える利息は違法となっていますし、総量規制で収入の3分の1以上の融資も禁止されています。
これらは貸金業者の守るべき法律ですので、利用者は違法の融資に対して法的に守られる立場にあります。
これらのセイフティネットを理解して、計画的な返済を踏まえた借金をするならば安全だと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加