夜の仕事キャバクラ嬢(ホステス)は消費者金融で借りれる?

キャバクラ嬢、ホステスの方は消費者金融の審査に申し込める?

安定した収入があれば審査対象なのが消費者金融です。

 

なのでキャバ嬢の方も、ホステスの方も毎週仕事をしていて「安定した収入」があれば審査に申し込む事ができます。

 

キャバ嬢・ホステスの方におすすめの消費者金融

▽▼▽▼▽▼

 

実はキャバクラ嬢(ホステス)さんの消費者金融利用率は高いです。

 

基本的に50万円以下の融資希望ならば収入証明書不要で融資を受ける事ができますが、キャバクラ嬢やホステスさんは個人事業主に該当するので、場合によっては収入証明書が必要になる事があります。

 

多くのキャバ嬢の方は自分が個人事業主(自営業者)である事を理解していません。

 

個人事業主とは、株式会社等の法人を設立しないで自分で事業を行っている人の事を指します。

 

キャバ嬢、ホステスさんは自分が働いているお店から「業務委託」受けているので源泉徴収票は貰えませんが、給料明細や支払調書が消費者金融の審査時に提出する際の収入証明書になるので覚えておいてください。

キャバクラ嬢、ホステスだと審査に通りやすい?通りにくい?

結論から言います。

 

審査に通りやすいか通りにくいか?と聞かれれば「審査に通りにくい」と思います。

 

あくまでどちらか?と聞かれればです。

 

実際に多くのキャバ嬢の方が消費者金融を利用している事実から、通りにくいと言ってもハードルはそれ程高くないと伺えます。

 

それから厳密に言うと「キャバ嬢だから」、「ホステス」だから審査に通りにくいという訳ではありません。

 

「個人事業主」だからです。

 

個人事業主は消費者金融の中で最もランクが低い扱いになります。

 

いい時があれば悪い時もあるといった収入が不安定がイメージがあるからです。

 

最近インターネットで、キャバ嬢は高給取りだから消費者金融の審査に通りやすい!なんていう記事を発見しました 笑

 

イヤイヤ違うから 笑

 

ちなみになんですが、プロ野球選手ってみんな「個人事業主」なんです。

 

年俸が何千万、何億とかの選手もいますよね。

 

しかし、マンションや一軒家を購入する時ってローンを組みにくいんですよ。

 

個人事業主は不安定だと思うのがお金を貸す側なので極端な話ですが、年俸が高い個人事業主よりも年収が数百万でコツコツ何十年も働いているサラリーマンの方が信頼度は上になります。

当サイトでよく読まれている記事

このエントリーをはてなブックマークに追加