セントラルの詳細!即日融資や金利返済方法は?

セントラルは即日融資可能?金利や返済方法などの詳細

 

年齢:満20歳以上70歳以下

 

融資額:1〜100万円

 

収入証明書:原則50万円まで不要

 

金利:年 4.8%〜18.0%

 

主婦・アルバイト・パート:安定した収入があれば可能

 

 

セントラルの特徴

来店不要・日本全国どこにいても即日融資可能

 

自動契約機&ATMの営業時間が延長

 

女性でも安心のマイレディス

 

セントラルは中国・四国地方に12店舗を構えるキャッシング会社です。

 

中小消費者金融の中では大手の消費者金融に近いレベルのキャッシング会社となっています。

 

当ページではセントラルの金利や返済方法、即日融資の条件などをまとめてみました!

 

即日融資可!インターネットなら来店不要で申込〜融資までが完結

 

セントラルの店舗(自動契約機セントラルくん)は中国・四国地方に多数あります。

 

もちろん最寄にセントラルの店舗があればそちらで申込が可能ですが、自分が住んでいる近くにセントラルの店舗がない場合はインターネットから全ての手続きをおこなう事ができます。

 

契約後ですが、自動契約機で 契約の場合はカードが発行されて最寄のセントラルの店舗ATMにてキャッシングができるようになります。※こちらのカードはセントラルのATMでしか利用ができません。大手のように全国のコンビニエンスストアで利用できないのが残念です・・・

 

最寄にセントラルの店舗などがない場合は銀行振り込みにて融資が実行されるようになっています!

 

即日融資の条件は?

 

全国対応の振込み融資を希望する方は「14時までに申込を完了」している必要があります!

 

余裕を持って午前中に申込を済ませておくのがベストです!14時以降の場合だと翌日以降になりますので注意してください。

 

店舗での契約の場合は9:00〜21:00まで営業してますのでその時間内に契約が完了できれば即日融資となります。

 

しかし店舗契約の場合でも書類に不備などあると翌日以降になってしまう事があるので、営業時間ギリギリに申し込まずに最低でも19時くらいまでには申し込みを完了しておきたいものです。

 

 

オペレーターが女性だから安心のマイレディス

 

セントラルのマイレディスとは、契約内容などは通常のキャッシングローンと変わりません。

 

違いは「全ての対応を女性スタッフがおこなう」という所です。

 

大手の消費者金融でも女性専用のキャッシングローンプランを設けている所がありますが、このマイレディスも一緒です。

 

メリットとして、やはり同姓だと話がしやすい!返済プランなどの相談が気軽にできるという点だと思います。

 

是非女性には利用してほしい商品です。

セントラルのキャッシングローン申込方法

セントラル「マイレディス」のキャッシングローンの申込方法ですが、3通りの申込方法があります。

 

  • インターネット
  • 電話
  • 店舗(無人契約機セントラルくん)

 

ここでは日本全国対応という事で、一番多い申込方法である「インターネット」からの申込方法について解説したいと思います。

 

インターネットからの申込方法

 

申し込み時に必要な物

 

運転免許証

 

本人確認をする為に運転免許証を用意してください。

 

運転免許証がない場合

 

セントラルでは運転免許証がない場合、健康保険証(国保も可)があれば大丈夫です!

 

※その他借入れ希望額によっては収入を証明する書類が必要になる場合もあります

 

セントラル公式サイトの「いますぐお申し込み」をクリックしてください

 

 

申込同意条項、電磁的方法による書面交付についてのご承諾、反社会的勢力の排除を確認し同意の上で「ネットで今すぐお申し込み」から手続きを始めていきます。

 

住所などの個人情報を記入し確認ページへ進んでください。

 

情報に誤りがあると審査時間が長くなってしまう事がありますので、入力した情報は確認ページに進む前にもう一度よく確認しましょう。

 

聞かれる事は大体大手の消費者金融と一緒ですが、項目は若干少なくなっているのでそれ程時間はかからないと思います!

 

 

セントラルの返済方法は?

返済方式

 

セントラルの返済方式は「残高スライドリボルビング方式」です!

 

返済方法

 

セントラルの返済方法は、

 

  • セントラル店舗
  • セントラルくんATM
  • 銀行振り込み

 

となっています。

 

中国・四国地方の方は最寄にセントラル店舗・ATMがあればそちらで返済するのがいいかと思います。

 

その他の方は銀行振り込みになります。

 

振込み時の手数料が自分持ちになってしまうのがネックです。ここら辺の不便さが大手の消費者金融との違いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加