キャッシングの申し込みに運転免許証がおすすめな理由

キャッシングの申し込みに運転免許証がおすすめな理由

消費者金融などでキャッシングの審査を受ける際には、かならず身分証明ができる書類等を提示しなければいけません。その時にもっとも有効なのが免許証です。これは銀行カードローンやクレジットカード、消費者金融が発行するカードの申請時にも同じ事が言えます。なぜキャッシングに身分証明が必要かと言いますと、それは本人確認のためです。そして免許証は国が発行する写真つきの証明書ですので、本人確認としての信頼性が高い事になります。ですから窓口や無人契約機、WEBからの申込みでも免許証が有効になるのです。

 

まず運転免許証には、申込者の顔写真と住所、そして生年月日の情報があります。キャッシングやカードローンの申請でもっとも重要な個人情報が正確に載っている事になります。もちろん免許証を持っていない人でも、健康保険証やクレジットカードの請求書とか、場合によっては公共料金のレシートでも身分証明書になります。ただし貸金業者によっては、健康保険証単独では信用ができずに、他にもう一点を求めるケースがあるのです。つまり信頼性の点からすれば免許書は最強だという事です。現在では無担保・保証人不要のプランが多数提供されていますので、免許書一つでキャッシングを受ける事が可能です。しかし一般的に借入金額が50万円以上になれば、身分証明書以外にも給与明細や源泉徴収票といった収入を証明できる書類の提示が必須になります。

 

そこで、店舗以外の無人機やWEBでの免許証の提示の仕方を知っておいてください。まず無人契約機では、必ずタッチパネルや読み取り機が設置されていますので、それで情報を読み込む事ができます。またWEB申し込みの場合は、写メの送信か専用のアプリを利用します。こちらもパソコンやスマホから簡単に行えるでしょう。

 

現在では瞬フリといったスピード融資サービスがありますが、免許証を身分証明に使うとスムーズに利用ができます。もちろん健康保険証でも融資申請は可能ですが、30分審査といったスピーディな対応ができない可能性があります。本人確認の確証が低いために即日融資すらままならないケースもあるでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加