キャッシングで繰り上げ返済をする意味

キャッシングで繰り上げ返済をする意味

キャッシングをすると返済時には元金と利息を払わなければなりません。通常、利息は年利で表記されていますが、1年間以内は無利子ということではありません。借り入れをした日から毎日利息は加算されるので、契約時の返済予定日よりも早く返せるようなら、繰り上げ返済をした方が無駄な費用を省けます。繰り上げ返済といっても全額返済する方法と返済予定額を多めに返済する方法の2種類があります。借入金が多く、返済期間の長い住宅や車のローンなどではよく利用されていますが、キャッシングでも利用できます。無理に予定を繰り上げて返す必要はありませんが、経済的に余裕があるときに少しでも多く返しておくと、借金をしているという精神的な負担も軽くなります。

 

返済にはキャッシングの際に利用した金融機関が提携しているATMもしくはコンビニのATMから入金をするだけです。しかし、銀行振り込みにする場合には、事前に借り入れをしている金融機関に連絡をして、振込口座を確認する必要があります。また、手数料がかかるので、せっかく全額を繰り上げで返済をするのに、小口の借り入れだと損になることもあります。分割返済の契約にしている場合には、月々の支払額を契約より多くすると、期間が短縮されて金利の負担も少なくて済みます。

 

ただし、支払いにはタイミングが重要です。金を借りるときには返済日を決め、その契約に従って支払いをします。そして、これとは別に金融機関には毎月決算日があり、この日に翌月の返済額と利子が確定します。返済日から決算日までは数日間の余裕があります。返済日までに当月分を支払った後、残金に応じて全額もしくは一部を決算日までに入金をするのが最も効率の良い支払い方法だと言えます。残金が少なくなって、全額精算できるようならば次の返済日を待たずに返してしまえば、次回分の利息を節約できます。重要なことは滞りなく返済することです。完済さえしていれば、何度でもキャッシングは利用できます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加