クレジットカードのキャッシングを利用する方法

クレジットカードのキャッシングを利用する方法

消費者金融を利用するのははばかられるけど、手元に現金が不足しているという場合、手持ちのクレジットカードを利用する方法があります。カードの詳細を見てキャッシング機能が付加されていれば、契約している銀行のATM機から借り入れができます。まず、銀行のATM機の画面でキャッシングまたはお借入れの項目をタップします。後はカードの挿入、暗証番号のタップなど機械の指示通りにすれば必要な額を引き出せます。支払方法は一括とリボまたは分割から選べます。注意点は銀行のキャッシュカードとクレジットカードの暗証番号は違うということです。間違った情報で試すと一時的に使用できなくなります。もし、暗証番号を同じに設定しているとしたら非常に危険です。すぐに異なった番号に変更することが必要です。

 

キャッシング枠に設定された金額では足りないという場合には、カード会社に申請をして増額してもらうことは可能です。しかし、即時対応が難しい場合もあるので、急ぐ場合、他社のキャッシング機能が付いたクレジットカードがあれば、利用して対処すれば急場をしのげます。

 

クレジットカードにキャッシング枠がないという場合には、申請をして審査にパスすれば付加してもらえます。しかし、カードを作ったばかり、作ってから日が浅い、という場合には安定した収入があっても、審査にパスできないこともあります。クレジットには信用という意味があります。本来は買い物を目的としたカードなので、現金を用立てるには、社会的な信用の確立が必要です。審査の基準は各社とも開示されていませんが、たとえば、カードを作ってからショッピングに利用して、遅延・滞納がなければ、1年目に10万円、3年目に20万円など少しずつ増額してもらうケースが多いです。上限は50万円ぐらいが一般的ですし、買い物で使用した引き落とし分は差し引かれるので、まるまる50万円借りられるケースは少ないでしょう。どうしてもクレジットカードで借りたいという場合には、あらかじめ、複数枚のカードを取得しておくと何とかなります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加