個人事業主はキャッシングできるか

個人事業主はキャッシングできるか

個人事業主として働いている人がいます。自宅にオフィスを構えて仕事をしている人がこれにあたります。たとえば、着付け教室、アクセサリー製作、webデザイナーなど様々な職種があります。個人事業主は青色申告を自分で行いますが、必要経費として認められる項目は各地域の税務署の判断によって異なることがあります。一般的には、収入を得るために直接かかった費用・管理費・販売費などのことで、インターネットの契約費用やコピー機のレンタル費用、通信費などが一例です。電気料金も案分して計上できます。

 

事業を展開するうえで、材料の購入などで現金が早急に必要となった場合、キャッシングで融資を受けられるのかという問題があります。個人事業主向けのキャッシングサービスを展開している金融機関は増えています。銀行、信用金庫以外にも消費者金融でも実施しています。個人で借入をするのと同様に審査はあり、個人の場合よりは審査基準がシビアだという噂もあります。個人の場合、本人確認の証明書として、免許証のコピーや源泉徴収票などが必要ですが、個人事業主の場合だと、本人確認ができるもの以外に、確定申告書もしくは納税証明書、青色申告決裁書もしくは収支内訳表の提出が求められます。必要経費を除いた年収が赤字もしくは少額でも、確定申告をしておくことが大切です。赤字でも融資をしてくれる消費者金融はあるのであきらめないことです。

 

個人がキャッシングできる条件のひとつに安定した収入、というのがあります。毎月収入があれば、貸し倒れのリスクが軽減できるのが理由のひとつです。対して、個人事業主の場合、安定した収入は約束されていないので、銀行などではローンが組みにくいのが現状です。しかし、消費者金融にはサービスのひとつにビジネスプランを設けているところがあります。事業資金を利用目的にしているのが特徴で、総量規制の範囲内なら300万円くらいまで借り入れが可能なプランです。この場合、翌月一括返済が無理ならば、分割返済も適用されます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加