主婦でもキャッシングはできる?

主婦でもキャッシングはできる?

キャッシングは基本的に20歳を過ぎていて、毎月ある程度の収入があれば利用は可能です。収入源は必ずしも正規雇用の会社員である必要はなく、アルバイトやパート、派遣でも構いません。キャッシングには総量規制が適用されます。年収の1/3を超えた金額は貸し付けができないことになっています。アルバイトやパートでも借り入れはできますが、本人の年収の1/3が上限なので、あまり大きな額の借り入れは難しいです。また、金融機関によっては、独自の審査基準や借り入れ条件を設けています。そのため、内職のように収入が少ない場合や、短期バイト、季節バイトのように、毎月収入がないケースでは審査に通らないこともあります。

 

専業主婦で無収入の場合にはキャッシングはできないのが一般論ですが、できる方法もあります。たとえば、配偶者貸付があります。これは、夫婦の年収を合算して総量規制の上限にする方法です。この場合には、通常の所得証明・本人確認の書類以外に複数の書類の提出が求められます。まず、住民票や戸籍謄本で夫婦である証明をします。さらに、キャッシングすることを夫が同意しているという書類、夫の収入証明書等の提出が求められます。もうひとつ、銀行ローンも利用できます。貸金業法の改正により、総量規制の対象から外れているので、前提として本人に収入が無くても借り入れができます。ただし、貸し倒れの予防のために夫が安定した収入を得ていることを利用の条件にしている銀行もあります。利用する場合には、夫の同意を得ておいた方が万が一の時にトラブルを回避できます。

 

自分名義のクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法もあります。この方法なら、審査や利用の申し込みをしなくても、カードを提携しているATMに挿入して、手順に従って操作をすれば現金を調達できます。キャッシュカードと同じように利用できるのですが、金利が高めに設定されているので、返済の目途が立たない場合には安易に利用しないという判断も必要です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加