キャッシングのリボ払いは得か、損か

キャッシングのリボ払いは得か、損か

金融機関からお金を借りた場合、返済方法は3種類から選べます。もっともオーソドックスなのはキャッシングで、利用頻度の高い翌月一括返済です。大きな買い物をした場合には、分割払いも利用できます。少し変わった返済方法にリボルビング払い、通称リボ払いというものがあります。クレジットカードでショッピングをした場合に利用している人も多く、毎月一定の金額のみを返済します。この方法だと、毎月の買い物の額に関係なく、返済金額が定額なので給与の支払い計画が立てやすいのが特徴です。キャッシングの返済でもこの方法を適用できるので、借り入れをした金額に関係なく、毎月の返済額は契約時に決めた金額のみとなります。返済の途中で追加融資を受けて、借り入れ残金が増えたとしても、返済期間が長くなるだけで、毎月の負担額は変動しません。

 

リボ払いの基本は一定金額の返済ですが、いくつかの支払い方法があります。たとえば元金定額払いを選ぶと、借り入れをした元金を均等に返済するのですが、利息はその時の残金をもとに計算するので、最初の返済額より最後の返済額のほうが少なくなります。また、元利定額払いを利用すると、元金と利息合計額を金額を決めて返済します。元金定額払いと比較すると、金利の支払いが多くなる傾向があります。また、定率払いもあります。毎月定額を返済するのですが、借り入れをしたときに算定した利息を毎月支払うことになります。

 

ただ、消費者金融が採用しているキャッシングのリボ払いは主に残高スライド方式です。一般的なリボ払いは月々の返済額を固定しているのが特徴ですが、スライド方式にすると、たとえば借り入れ額が30万円台なら月々3万円、20万円台に減ると2万円というように借り入れ残高によって、返済額がスライドして少なくなります。一見すると楽な返済方法のように感じますが、返済期間が長くなるので、利息も余分に支払うことになります。繰り上げ返済も利用できるので、お財布に余裕がある時には、一括して返済したほうが利息分の負担を少なくできます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加