金利が安いキャッシングとは?

金利が安いキャッシングとは?

現金が急に必要になった時にはキャッシングをすると便利ですが、お金を貸している金融機関には種類があります。 金融機関を大別すると、銀行、消費者金融、クレジット会社、信販会社があります。 さらに消費者金融の場合、単独と銀行のグループ傘下にある金融機関があります。 これらの何処から借りるにしても必ず金利がかかります。貸金業法の改正によって金利上限が設けられましたが、 すべての金融機関で同じ利息率ということではありません。また、契約時の借入額と返済期間によって金利は変動します。 このため、借り入れの契約をする前に、借り入れの目的と必要な額を考えて、 どのくらいの支払いになるのかを考慮することが必要です。

 

単純に利率だけを見た場合には、最も利息が低いのは、銀行のカードローンです。 しかし、長期にわたって返済が必要な住宅、車、結婚などに利用目的が限定されている場合が多く、 生活費などには流用できない場合が多いので注意が必要です。 対して、利用目的に制限がなく、比較的利息が低いのは銀行のグループ傘下にある消費者金融です。 かつては単独で運営していた有名な大手の消費者金融でも、吸収合併などによって銀行系として運営をしているところがあります。 初めてのキャッシングの場合、消費者金融と聞くだけで利用を躊躇する人もいますが、 運営母体が銀行なら安心して利用できるので、全額返済までの期間が短い場合には、 利率をあまり気にせずに借りられます。

 

借り入れ金に対する利率は各機関のホームページなどに開示されているので簡単に比較できますが、 銀行のグループ傘下や単独で運営している消費者金融では、独自のサービスとして借り入れから一定期間内に 返済をすれば金利なしで利用できるサービスも展開しています。このサービスは、初めての利用に限定している場合と、 借入時に何度でも利用できる場合があります。短期間で一括返済が可能ならば、合計の返済額が安いところよりも、 金利なしで利用できる金融機関のほうが得ということになります。目先の返済額にとらわれて契約をするより、 返済計画に従って金融機関を選ぶことがポイントです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加