キャッシングの金利の計算方法について

キャッシングの金利の計算方法について

キャッシングをするときには、利息がかかるとは知っていても、自分でどのくらいかかるのかを計算してから金融機関を選定する人は珍しいです。有名大手だからあるいは銀行系だから法外な金利がかかることがなく安心、といった感覚で借りる人は少なくありません。しかし、金利は全ての金融機関で同じではなく、借り入れの金額によっても変わってきます。多くの金融機関の公式サイトには借入返済シミュレーションが用意されているので、契約する前に大まかな計算をしてみると返済額の目安がわかります。また、貸金業法の改正によって、貸出金利の上限は金額によって10万円以下は20%、100万円未満は18%、100万円以上は15%と制限されています。もし、利用しようと考えている業者が20%以上で設定していたら、違法業者である可能性が高いです。

 

ほとんどの金融機関は利息は年利で表記されています。1年も借りない、1ヵ月で返済できるという人も多いので、簡単な計算方法を知っておくと便利です。計算方法はとても簡単です。借りた金額に年利をかけると1年間に必要な金利が算出できます。これを1年間の日数で割って、さらに1ヵ月分にあたる30もしくは31をかけるだけです。年間に支払う金利を12ヵ月で割るのでは正確な金額ではないので、日数で計算することがポイントです。

 

キャッシングの基本は一括払いです。しかし、クレジットカードでキャッシングをした場合にリボ払いという方法が利用できます。リボ払いとは、買い物やキャッシングで利用した金額に関係なく、毎月契約した金額を返済する方法です。契約した金額は元金の支払いに充当されるので、実際には契約金額と金利を返済します。利用残高に年率をかけて365日で割れば1日の利息が算出できます。毎月支払う利息は支払い間隔の日数をかけますが、月々の返済額を低く設定していると、支払い回数が増えます。一括返済できる金額でもリボ払いすると、支払い総額が多くかかることになります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加