勤務先に知られずにキャッシングするには

勤務先に知られずにキャッシングするには

即日融資や休日・深夜でも申し込みができるし、即日融資ができる業者ならキャッシングの申し込み時には在籍確認はない、と思っている人がいますが、そのようなことはありません。即日融資をしている業者は、運転免許証などの本人確認ができれば仮審査という形で、とりあえず融資をしているだけです。本来は、本人が申し込んでいること、勤務先の記載が正しいこと、確実に返済をしてもらえることなどの確証が得られなければ、金融機関はお金を貸すことはありません。このため、記載された勤務先に在籍確認をするのはごく普通のことです。

 

ただし、勤務先に電話をかけるにしても、貸金業法で契約者以外に契約したことを開示することは禁止されているので、消費者金融の会社名を名乗ることはありません。また、架空の会社名を名乗ることも法律で禁止されています。そのため、知人というスタンスで、個人名で電話がかかってきますが、銀行からの借り入れの場合には、銀行名でかけてくることもあります。そのため、会社の人たちに借り入れのことを知られる心配は全くありません。最近はナンバーディスプレイやリダイヤルの機能がついている電話も多いので、心配だという場合には、その旨を契約時に伝えておけば、在籍確認用の携帯電話を使用してくれる業者も多いです。さらに、個人情報保護法の影響で、営業などで本人が席をはずしている場合にはいるかいないかの回答さえしてくれない会社も増えています。そのような場合には、会社に在籍していることが証明できる、給与明細や社員証のコピーなどを代替措置として採用していることもあります。

 

もし、誰にも知られたくないからという理由で安易に勤務先を偽って記載すると、本人確認ができないという理由から、審査にパスできずに融資を断られることもあります。キャッシングは個人的な事情によるものなので、金融機関ではプライバシー保護には徹底した教育がされています。そのため、本人が言わない限りは家族であっても知らされることはありません。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加