クレジットカードでもキャッシングはできる

クレジットカードでもキャッシングはできる

本来のクレジットカードの使用目的は、買い物をしたときの支払いを契約をしている銀行口座から引き落とすということです。現金を持ち歩かなくても、カードの加盟店でショッピングができる便利なアイテムです。しかし、クレジットカードには2つの機能があって、ショッピングだけでなくキャッシングの機能も付加されています。商品の購入ではなく現金の借り入れもできるということです。この機能を利用すれば、緊急で現金の用意が必要になった場合、消費者金融や銀行のカードローンに申し込む時間や手間をかけなくても、所持しているカードが提携しているATMから引き出しができます。給料前で生活費が足りないとか急な集まりが合って余分な費用が捻出できないなどの時にはとても重宝します。

 

ただし、利用限度額は消費者金融に比べると少ないですし、金利も高めに設定されています。カードを作ったばかりの人にはショッピング枠しかついていないこともありますし、付加されているキャッシング枠は利用者ごとに異なっているのか特徴です。もともとが買い物のためのカードなので、現金の貸し出し限度額は低めに設定されていることが多いです。契約している会社によって、ショッピングとキャッシングを分けて設定しているところと、利用限度額を合計で設定しているところがあります。持っているカードがどちらのシステムを採用しているかによって借り入れできる金額も違ってきます。毎月たくさんの買い物に使用している場合には、現金の借り入れ枠が残っていないこともあり、いざというときに借りられない可能性もあります。

 

注意点として返済方法があります。買い物した分の支払いと合わせて返済する場合には、銀行口座からの引き落としになりますが、現金の借り入れには金利がかかるので、引落日までに日数が長いとその分金利が多くかかります。引落し日より前に一括返済が可能ならば、ATM機を利用して入金をしたほうが安上がりです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加