闇金の見分け方は?確実に見分ける方法で危険回避!

確実な闇金の見分け方

大手消費者金融はテレビCMなどでよく見かけますが、今まで一度も聞いた事もないマイナーな中小(中堅)消費者金融はたくさん存在します。

 

もちろんきちんと届出を出している会社の方が多いですが、新聞の広告欄などには「闇金」なども平然と出ているので注意が必要です。

 

正規の金融会社は、

 

  1. 貸金業の貸金業者登録票が掲示されている
  2.  

  3. 日本消費者金融の会員である
  4.  

  5. 財務局&知事の登録番号を取得している

 

これら全ての条件を満たしているはずです!

 

金融庁の登録貸金業者情報検索ページで確実に闇金業者を見分けましょう

 

消費者金融を装う闇金の最新の手口が闇金でありながら貸金業登録を行っている業者を装う手口です。

 

業者のサイトを見ると、しっかりとした連絡先や登録番号が記載されているため、一目では闇金と分からないようになっています。

 

なかなかお金を貸してもらえない多重債務者がそうした手口に引っかかってしまい、闇金の被害に遭ってしまったというケースも報告されています。

 

こうした偽装を見破るための確実な方法があります。それは金融庁の登録貸金業者情報検索ページを利用することです。

 

ここにその業者が記載している登録番号を入れてヒットしなければ、その登録番号は偽物で、その業者は貸金業登録を受けていると偽っている闇金の可能性が極めて高いということになります。

 

ネット上での検索ですから、それほど時間はかかりません。

 

闇金の被害に遭わないためにも、ちゃんと登録番号をチェックしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加