永住権なしの外国人は消費者金融の審査に申し込む事ができる?

永住権なしの外国人は消費者金融の審査に申し込める?

外国人が消費者金融に融資を申し込む場合、永住権がなくても申し込めますが「永住権がある」方が格段に審査に通りやすくなります。

 

基本的にはこれらの証明書が発行出来る人で、かつ安定した収入及び勤続年数の長い人であれば、外国人の方でも日本人と差がなく消費者金融から融資を受ける事は可能です。

 

永住権がある外国人の方におすすめの消費者金融

▽▼▽▼▽▼

 

永住権がない場合

 

永住権がない場合でも外国人登録証明書又は在留カードを所有していれば消費者金融の審査に申込みができます。

 

大手消費者金融のアコム、プロミス、アイフル、モビットでは、

 

外国人登録証明書又は在留カードで審査及び融資を受ける事が可能です。

 

但しこの場合、永住権がある人に比べて審査が厳しくなる事は理解しておいてください。

 

当たり前の事ですが収入、勤続年数、信用状況の確認は必ず行われます。

 

年収もそうですが、永住権のない外国人の方の場合は「勤務年数」もかなり重要になってきます。

 

外国人が借り入れする際に必要になる書類

 

外国人の方が借入する際に必ず必要になる書類は以下の通りです。

 

金融業者

必要書類

アコム 在留カード又は特別永住者証明書(法令により有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)
プロミス 在留カード又は特別永住者証明書(法令により有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)
アイフル 在留カード又は特別永住者証明書(法令により有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)
モビット 特別永住者証明書と考えられる(※具体的にH.P.では明記無し)

 

上記の書類とは別に、身分証明証(免許証又はパスポート)、保険証、収入証明書が必要となります。

 

外国人であっても、在留カードや特別永住証明書以外は基本的に審査書類としては同様の書類が必要となります。

 

また、外国人だからと言って審査に厳しいという事はありません。

 

安定した収入と勤続年数をしっかりと証明出来る人であれば、多くの金融業者では融資可能としています。

 

しかしながら、消費者金融ではなく、銀行の場合は、在留カードでは融資を行えないとしています。

 

これは、融資を主たる業とする消費者金融と、預貯金等を主たる業とする銀行の違いと言えます。

 

貸付をする事で利益を上げている消費者金融では、出来るだけ多くの消費者に対して融資を行う事が必要です。

 

そのため、必要書類に関しても、銀行より条件は厳しくは設定していないと言えます。

当サイトでよく読まれている記事

このエントリーをはてなブックマークに追加