消費者金融のグレーゾーン金利とは?撤廃した理由を完全暴露

グレーソーン金利って何?

グレーゾーン金利とは、金利が何の法律に則って規定されるか明確ではなかった時代の金利の事を言います。

 

では具体的にお話しします。

 

TVCMや車内広告ではお馴染みのアコム、プロミス、アイフル、モビットなどを代表する消費者金融。

 

この消費者金融は、現在「貸金業法」という業法に則って運営されています。

 

そして、この「貸金業法」では、利息制限法に基づき、貸付金額により次の利息制限を定めています。

 

  • 10万円未満の貸付に対する利息:20%(年率)以内
  •  

  • 10万円以上100万円未満の貸付に対する利息:18%(年率)以内
  •  

  • 100万円以上の貸付に対する利息:15%以内

 

これ以上の利息を設定すると、業法違反となります。

 

しかし、2006年以前においては、消費者金融は29.2%の利息を上限とした利息で消費者へ貸付を行っていました。

 

そしてこの最大29.2%の利息の出所は「出資法」です。

 

「出資法」では最大29.2%の金利で消費者に融資を行う事が出来る業法です。

 

2006年までは、消費者金融が自らの業法を「出資法」に基づいたものである事を主張し貸付業を営んでいたのです。

 

グレーゾーン金利とは、消費者金融が「出資法」、「貸金業法」のどちらに基づいた金利を設定しなければならなかいのか明確ではなかった(白・黒はっきりとしていなかった)グレーな金利の事を言います。

 

グレーゾーン金利が廃止になった理由

 

グレーゾーン金利が廃止になった理由は、消費者を保護するためです。

 

グレーゾーン金利は、「貸金業法」の最大利息20%を超え、「出資法」で定められた29.2%以下で設定された金利を指しますが、実際にこの金利で融資を受けた消費者は、その利息が高利息となるため、返済が困難な状況に陥り、すぐに多重債務状態になる事になるため、消費者を保護する目的で現在の「貸金業法」は制定されたと言えます。

 

グレーゾーン金利が廃止になった影響

 

グレーゾーン金利が廃止になった事により、今まで高利息で融資を受けていた人は返済負担が軽減した事は言うまでもありません。

 

また、この廃止に伴い、消費者金融全体において金利が下がり、消費者にとっては消費者金融がとても借りやすい身近な存在になりました。

 

また、今までグレーゾーン金利で融資を受けていた人は、「過払金請求」を行うようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加