キャッシングにおける一括返済の方法は?

自分がどのくらいの利息を払っているか知っていますか?

基本的にクレジットカードでキャッシングしたお金の返済方法は、翌月一括払いか、あるいは繰り返しのキャッシングに対して固定の均等払いができるリボルビング払いになっています。

 

これに対しカードローンは毎月少額ずつ分割して返却する方法が採られています。

 

しかし現在では、多くのクレジットカードでもカードローンと同じ様に分割返済をオプションとしています。

 

そして返金手段は、指定の口座から自動引き落としが基本です。

 

ただし、カード会社が定めた引き落とし日に残高不足で履行できなかった場合は再引き落としを掛けるか、ATMなどから振り込みをする必要があります。

 

この際は遅れた日数分の利息が加算されますし、手数料も掛かってくる場合がありますのでご注意ください。

 

また自動引き落としを選択しなくても、ATM・インターネット返済という方法も選ぶ事ができます。

 

返済金額は借入した金額に利息分が日数換算で追加されます。

 

そこで、会社指定の自動引き落としよりも短日で返金が可能な場合は、ATMやインターネットなどで返済する方が有利でしょう。

 

特に融資金額の大きなケースではこの方法がおすすめします。

 

と言いますのも、口座引き落としではキャッシング利用日から引き落としが掛かる日までの利息分を支払わなければなりません。

 

借りた日が月初めならば1ヶ月分を越える金利になる可能性もあるのです。

 

ですから、早めに返済金の用意ができる場合は自分から返金した方が利息カットになるという事です。

 

そこで、ATMからの返済では貸金業者発行のカードを利用します。

 

一括返済の選択で支払い合計が表示されますが、その金額はその日の返金分で、もし日にちがズレれば更に利息が加算されていきますのでご注意ください。

 

また最近ではネットバンキングを利用してWEB上での振り込みも可能になっています。

 

もちろん直接に店頭窓口へ出向いて返金する方法もありますので、ご自分が都合の良い方法を選ぶと良いでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ