引っ越し費用が足りない時に利用したら便利なのが消費者金融

引っ越しをする時はお金がかかる

「急な転勤で引っ越しが必要。」

 

「一人暮らしの時なら軽トラを借りて自分でやっていたけど、家族が増えたのでそういうわけにもいかない・・・」

 

自力で荷物を運べないとなると引っ越し屋さんにお願いする必要がありますね。

 

当然費用が発生するので、お金を用意しておく必要があります。

 

目次

 

引っ越し費用の相場は?

 

引っ越し屋さんに頼むための費用としては10万円程度は見ておく必要があります。

 

また、転勤の人の場合賃貸住宅を借りることが多いですよね。

 

勤務先の会社が負担してくれるというのであれば問題はありませんが、自分で負担する必要がある場合には敷金や礼金、不動産会社への仲介手数料などで数十万円程度は出費が出ます。

 

家賃の数ヶ月分を保証金として取られてしまう可能性もあります。

 

万が一、不動産屋に支払うお金が足りないなんてことになると新しい勤務先の初出勤日に間に合わないというような事態に見舞われてしまいかねません。

 

転勤当初からトラブルはできるだけ避けたいですよね。

 

ただでさえ忙しい引っ越しに、金銭的なトラブルまで重なってしまうと新しいお仕事のモチベーションにも影響し兼ねませんよ。

 

引っ越し屋さんに支払うお金と合わせて、引っ越し資金は十分に余裕をもって用意しておくようにしましょう。

 

▲目次へ戻る

引っ越し費用が足りない時に利用すると便利なのが消費者金融

 

引っ越しをする際、貯金が都合よくあればいいですが、そうでない場合にはなんらかの形でお金を用意する必要があります。

 

引っ越しの直前になってお金が足りない!そんな状況になってしまったときに役立つのが消費者金融のキャッシングです。

 

銀行などでお金を借りるためには時間がかかってしまうことも多いですが、消費者金融だと申し込んだその日のうちに借りることができますよ。

 

「消費者金融ってなんだか怖い・・・」というイメージを持っている方もおられるかもしれませんが、少額の借り入れであれば利息の負担も意外に小さいんですよ。

 

たとえば50万円を借りたとしても1日あたりの利息負担は240円ほどです。

 

缶コーヒー2本我慢するのと同じぐらいですね。

 

お金がないのに急な引っ越しが必要になって困っているという方は、消費者金融の融資を検討することを選択肢に入れてみましょう。

 

おすすめなのは大手消費者金融です!

 

アコムやプロミスといった消費者金融はテレビCMでもよくみかけますよね。

 

最近では銀行グループのブランド力もあり、安心・安全に利用できる!という事で消費者金融を利用する人はとても増えているようです。

 

人目が気になり利用できない・・・という人もいるようですが、実際にはお金を借りるときにも返すときにも誰とも顔をあわせることはありません。

 

誰にも知られずにお金を借りることができるので「恥をかいた・・・」なんてこともありませんよ。

 

申し込み手続きはネット経由や駅前の無人機などを使って行えるので、家族に知られてしまうという心配もありません。

 

早ければ申し込みをしたその日の午後にお金を振り込んでもらうことも可能なので、お急ぎの方は利用してみる価値はありますよ。

 

▲目次へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加