消費者金融の金利(利息)を比較!上限・下限金利や計算方法教えます

大手消費者金融の金利(利息)を比較

大手消費者金融の金利を比較してみました!

 

アコム 3.0%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
アイフル 4.5%〜18.0%
モビット 3.0%〜18.0%

 

 

上記の表の通り、微妙な違いはあるものの、消費者金融の利率って実はそれほど大差がないんです!!

 

なので個人的には金利を気にするよりも、その他利便性や無利息期間などお得なサービスなどで消費者金融を選んでいい気がします。

 

しかし、消費者金融を長期間利用する方や少しでも利率を低く借入れがしたいという方はその少しの差にこだわった方がいいかと思います。

 

後ほど触れますが、小額融資を希望する方は上限金利が最も低い所を選び、各社の上限限度額一杯を希望する方は下限金利が一番低い所がいいでしょう。

 

目次

 

消費者金融の金利(利息)について知ろう

 

実は、あまり金利(利息)について良く分からないまま消費者金融へ申し込みを行う人は少なくありません。

 

そういった方の何割かは、後に痛い目を見る事になります・・・

 

この「金利(利息)」というのは消費者金融側の利益になる部分です。

 

簡単に言うならば、お金を貸してあげるから貸し出し料として「何%か上乗せして返してね」って事です。

 

利息の計算方法

 

利息の計算方式は、

 

「利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数」となります。

 

なので例えばアコムだと実質年率が上限金利18%となりますので10万円を借りた場合で1か月(30日間)にかかる利息は、

 

10万円×0.18÷365×30 で、1479円となります。

 

なので10万円を借りた場合、毎月のアコムの最低返済金額は3000円になりますが、元金返済に1521円が充てられ、この内の1479円は利息分としてアコムの利益になります。

 

同様に・・・

 

20万円だと、「2959円(1ヶ月30日間)」

 

30万円だと、「4438円(1ヶ月30日間)」

 

40万円だと、「5918円(1ヶ月30日間)」

 

50万円だと、「7397円(1ヶ月30日間)」

 

という感じの利息になるので、見ていただければ分かるかと思いますが、借入れ額が増えるとそれだけ利息も多く払わなければならなくなります!

 

特定調停・任意整理・自己破産などをする方達の多くはノープランで借入れを行ってしまい、利息に悩まされて債務整理に至る人達が多いです。

 

なので本来は消費者金融を利用する際は事前に、

 

利用する会社の金利などをしっかりと調べて無理のない返済計画を立てる必要があるのです。

 

▲目次へ戻る

上限金利と下限金利について

 

上限金利と下限金利というのは貸金業法の「出資法」というので定められています。

 

ここまでの利率だったら貸した人から貰ってもいいですよ〜というのが上限金利です!

 

平成18年(2006)に貸金業法が改正されるまでは年29.2%が上限金利でした。

 

改正後は20%が上限金利に定められたので消費者金融は現在20%までの金利の内で貸付をおこなっています。

 

▲目次へ戻る

 

上限金利20%以上で貸付を行っている闇金業者には要注意

 

未だ多くの闇金と呼ばれる業者が居ますが、この闇金というのは金利が20%を超えている悪徳金融業者で、闇金ウシジマくんのように10日で1割の利息を取る「トイチ」や漫画カイジでの遠藤金融のような1日で3割の利息を取る「三羽烏」などのような事を行っています。

 

もちろんこのような貸付をおこなっている業者は金利が20%を超えているので出資法違反で刑事罰が課せられます。

 

下限金利は各消費者金融が定める最も低い金利のことです。

 

例えばアコムであったら金利は年4.7%〜18.0%となっています。

 

この4.7%の部分が「下限金利」です。

 

そして、基本的に金利は消費者金融利用者の借入金額に応じて設定されます。

 

消費者金融のキャッシングローンを利用する大多数の方は50万円以下の融資枠なので、ほとんどの方は各社上限金利が適応される事になります。

 

下限金利は各社の「最大限度額」の借入れをおこなった場合に適応されると考えておいていいでしょう!

 

なのでアコムの場合であれば金利は「18.0%」であると認識しておいてください。

 

その他長期間の利用で返済実績をしっかり作っていけば小額の融資であっても低い利率になる場合もあるようですが、不確定な情報なので充てにはしないように!!

 

▲目次へ戻る

金利についてのまとめ

 

  1. 消費者金融を利用する際は、予め自分の借入れ希望額にかかってくる金利の計算をおこなっておく事
  2.  

  3. 融資限度額によって金利は変わってくるが基本的には「上限金利」が自分に適応されると考える事
  4.  

  5. 金利は各社大差がないのであまり気にせずその他利便性やサービスを比較する方がいい

 

⇒2016年の消費者金融ランキングはこちら

 

▲目次へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加