車検が切れそうなのに車検に通すお金がない時はどうする?

車検代がない時はとりあえず消費者金融で凌ごう

「給料日前でお金がないのに、3日後に車検が切れてしまう・・・」

 

普通に生活していても現金が足りなくなってしまうことってありますよね?

 

車検を受けていない車を運転してしまうと、非常に重いリスクを負うことになります(後述)ので、車検の期間は必ず守らなければなりません。

 

かといってお金が手元になかったらどうしようもない、というのが現実ですよね。

 

どうしてもお金が足りないときには消費者金融のカードローンが便利ですよ。

 

「消費者金融なんてなんか怖い・・・」と思われるかもしれませんが、最近ではテレビCMを見ていてもわかるように非常に簡単にお金を借りることができるようになっています。

 

消費者金融からお金を借りるときには利息の負担だけは気をつけておく必要が有りますが、法律上、10万円までの借り入れであれば、上限とされている利率は年間20%までです。

 

10万円を利息20%で借りたとすると、1日当たりの利息負担額はわずか54円です。

 

毎日、缶コーヒー1杯がまんすればまかなえる金額ですので、どうしてもお金が足りなくて困っている・・・という方は検討してみる価値はありますよ。

 

車検が切れた車に乗り続ける事のリスク

車検が切れてしまった車に乗ることは、ものすごくリスクの高いことだということを知っておく必要があります。

 

まず、車検は法律上の義務なので、車検が切れている車で公道を走ると違反点数と罰金刑が課されてしまいます。

 

違反点数は6点、罰金は30万円以下です。

 

違反点数6点はいわゆる「一発免停(免許停止)」なので、車を使うお仕事をされている人などは注意しないといけません。

 

さらに、車検が綺麗ている車の場合、自賠責保険も切れている可能性が高いです。

 

自賠責保険の保険料は車検のときに払うのが普通だからです。

 

自賠責保険への加入も法律上の義務になっています。

 

自賠責未加入の状態の車を公道で走らせてしまうと、こちらも違反点数は6点、罰金刑は50万円ということになってしまいますよ。

 

実際にはこれら二つが合算されて違反点数と罰金刑が計算されるので、違反点数は12点、罰金刑は80万円以下ということになります。

 

車検の切れた車を運転することのリスクがどれだけ大きいかご理解頂けるかと思います。

 

車検切れの車には絶対に乗らないようにしましょう。

消費者金融の審査に通らない場合は廃車にする事も検討

消費者金融からお金を借りるときには審査があります。

 

審査では定職についているかや、現在他の金融機関から借りているお金がないかなどがチェックされます。

 

もしここで審査に通らない場合には残念ながらお金を借りることができません。

 

もし、車検代を払うことができず、車検期間が過ぎてしまう場合にはその車は廃車にすることも検討する必要が有ります。

 

車検が一度切れてしまった車を、後になって車検するためにはレッカーなどにより車をディーラーや修理業者のお店まで持っていかなければなりません(車検の切れた状態で運転すると、上記の通り罰金刑が課されてしまいますので)

 

レッカーは普通JAFなどにお願いしますが、JAFは車検切れの車はレッカーしてくれないのです。

 

そうなるとディーラーや修理業者にレッカーしてもらうことになりますが、これもまた高い費用がかかってしまいます。

 

車検切れになってしまった車は思い切って廃車することも選択肢に入れることも検討しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚式があるけど祝儀が払えない!消費者金融で借りてでも払うべき
結婚式に行くのにお金がないから祝儀が払えない、祝儀を少ししか出せない。そんな事は招待する側からしたらありえません。消費者金融から借りても払うべきです。
旅行に行きたいけどお金がない時にはどうすればいい?
友人・家族などと旅行に行きたいけどお金がない・・・。そんな時にどうすればいいのか対策などについて解説をしていきます。
デートの予定があるのにお金がない時はどうすればいい?
彼女(彼氏)とデートの予定があるけどお金がない。そんな時にどうすればいいのか対策などについて解説をしていきます。
出産費用がない!お金が足りない時はどうする?
出産費用がない、又は出産費用が足りない。そんな時にどうすればいいのか対策などについて解説をしていきます。
家賃の更新料が払えない時はどうしたらいいの?
アパートを借りている人の悩みの種になるのが家賃の更新料。毎月ギリギリの生活をしていて家賃の更新料が払えない・・・。そんな時にどうすればいいのか対策などについて解説をしていきます。