出産費用がない!お金が足りない時はどうする?

出産にはお金がかかる

「ようやく授かった大切な赤ちゃん!でも、出産費用がちょっと心もとない・・・」

 

そんな風に不安を感じている女性も多いかもしれませんね。

 

ただでさえ体力と気力が必要なお産ですから、お金に関する不安は解消しておきたいところです。

 

なんとなく出産は公的な費用(社会保険)がたくさん出るという感覚を持っている方もおられるかもしれません。

 

しかし、実際に出産費用としてどのぐらいのお金が必要になるのか?ということについて理解している方は少ないのではないでしょうか。

 

経済的なストレスは赤ちゃんの発育に悪影響を与えてしまうということも考えておかなければなりません。

 

妊娠中のお母さんのストレスは、胎盤を通して赤ちゃんにも伝達されてしまいます。

 

お母さんから伝達されたストレスホルモンは出産後の赤ちゃんの情緒不安定やADHD(注意欠陥障害)につながるという説もあります。

 

せめて出産に伴うお金に関する不安は解消しておきましょう。

 

出産は人生の一大イベントです。

 

「できる準備はすべてしておく」という意識を持っておくぐらいがちょうど良いですよ。

帝王切開だと出産一時金だけでは足りない

健康保険に加入している人の場合「出産一時金があるから安心」と考えておられる方も多いかもしれませんね。

 

ですが、帝王切開の場合には自然分娩よりもたくさんのお金が必要になるのには注意が必要です。

 

帝王切開の場合、保険診療として3割負担だけでOKとされる費用と、それ以外の「自己診察費用」の2種類があります。

 

自己診察費用は保険外負担となりますので、全額を治療を受けた人が支払わなければなりません。

 

自己診察費用には病院の部屋代や食事代、新生児保育料や検査料、分娩介助料が該当します。

 

自己診察費用を含めると、出産一時金や出産手当金だけでは足りないというのが実情です。

 

貯金などの形で自己資金を用意できない場合には、なんらかの形で現金を用意できるようにしておく必要があります。

出産費用が足りない場合は消費者金融を利用

出産にはたくさんの費用が必要になります。

 

現金を準備しておく方法は親族に助けてもらうなどの他に、金融機関のローンを使うという方法があります。

 

もっとも簡単に早くお金を準備できるのは消費者金融のカードローンです。

 

出産に向けて経済的な不安があるという方はこれらのカードローンを準備しておくと良いでしょう。

 

カードローンはカードを作るだけであれば無料です。

 

万が一に備える意味でも1枚は持っておくのが安心ですよ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚式があるけど祝儀が払えない!消費者金融で借りてでも払うべき
結婚式に行くのにお金がないから祝儀が払えない、祝儀を少ししか出せない。そんな事は招待する側からしたらありえません。消費者金融から借りても払うべきです。
車検が切れそうなのに車検に通すお金がない時はどうする?
車検が切れそうなのに車検に通すお金がない時の対策などについて解説をしていきます。
旅行に行きたいけどお金がない時にはどうすればいい?
友人・家族などと旅行に行きたいけどお金がない・・・。そんな時にどうすればいいのか対策などについて解説をしていきます。
デートの予定があるのにお金がない時はどうすればいい?
彼女(彼氏)とデートの予定があるけどお金がない。そんな時にどうすればいいのか対策などについて解説をしていきます。
家賃の更新料が払えない時はどうしたらいいの?
アパートを借りている人の悩みの種になるのが家賃の更新料。毎月ギリギリの生活をしていて家賃の更新料が払えない・・・。そんな時にどうすればいいのか対策などについて解説をしていきます。