過払い金を請求をする方法や返還手続きができる期限について学ぼう

過払い金請求とは

過払い金請求とは、払い過ぎた利息相当の金額を返還するように求める事です。

 

実際、この過払い金請求が行える人というのは、2006年以前に消費者金融と契約した人に限ります。

 

2006年以降に消費者金融と契約を取り交わした人々には該当しない事と言えます。

 

過払い金請求は2006年以前に「出資法」に基づく利息が適用されたまま(20%を超える利息が掛けられたまま)契約を結び、「貸金業法」に基づく利息をオーバーした状態で融資を受けている人が対象となります。

 

今もなお、自分に設定されている高利息に気づかないまま融資を受けたり返済している非人は、過払い金請求を行って払い過ぎた利息を取り戻しましょう。

 

過払い金が請求出来る期限

 

過払い金請求の有効期限は10年です。

 

最後の取引(借入や返済)から10年を経過してしまうと、この過払い金請求は無効となってしまいます。

 

2016年を迎えた今、2006年からちょうど10年を迎える年です。

 

2006年よりも前に契約をした人で、利息が20%以上で融資を受けている人であれば、過払い金請求が行えます。

 

過払い金請求が可能な最後の年を逃さないようにしましょう。

 

過払い金を請求する方法

 

過払い金請求は、弁護士や司法書士に依頼する事で行えます。

 

自らが債権者に対して請求をする事も可能ですが、素人がプロに交渉をする様なものです。

 

プロにはプロに任せた方が無難です。

 

過払い金を請求するには、まず自分が契約している金利を確認する事が必要です。

 

契約している金利が20%を超えているのであれば、弁護士や司法書士にすぐ相談しましょう。

 

弁護士や司法書士は、2006年に遡り、現在に至るまでに20%を超えた金利に相当する金額を算出してくれます。

 

10年間もの間、必要以上の返済をしてきた人の場合、ひょっとしたら既に完済しているほどのお金を支払っている可能性があります。

 

過払い金請求により、弁護士や司法書士への費用は発生しますが、それを差し引いてもあなたに返還金がある可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加