消費者金融は完済しただけじゃ解約にならない?解約方法の解説

完済しただけでは解約にならない?

完済したから自動的に解約になると考える方も多いのですが実際は違います。

 

解約したい時は解約する為の手続きをおこなわないといけません。

 

その辺りについて詳しく解説します。

消費者金融の解約方法は?

消費者金融との契約を解約したい場合、少し面倒な手続きがあります。

 

まず解約方法ですが、申し込みの際には利便性があって便利なインターネットが使えません。

 

基本的には、店舗の窓口に来店をするか消費者金融のコールセンターなどに電話をして解約をします。

 

解約の際には、申込時に締結した契約書が消費者金融に保管されていますので、それを取り寄せることも忘れずに。

 

電話で依頼して自宅に郵送してもらうか、自分で来店して取り寄せる方法があります。

 

そして手元に残ったローンカードは、磁気部分をハサミでカットして破棄しましょう。

解約してから信用情報機関に記録が残るのはいつまで?

消費者金融のカードローンから借りたお金をすべて返済しても、それですべてが解決するわけではありません。

 

一般的なマイカーローンなどは、完済すればそれでローン会社との契約は切れることとなります。

 

一方の消費者金融のカードローンは、完済しても契約はそのまま残り続けています。

 

というのも、マイカーローンは「個別契約」、消費者金融のカードローンは「包括契約」を採用しているからです。

 

消費者金融のカードローンは、限度額の範囲内であれば繰り返し借り入れや返済ができます。

 

包括契約では、解約しない限りずっと信用情報機関に契約情報が残っていることになります。

 

ちなみに、「個別契約」であれば完済後5年間で信用情報から契約情報が消滅します。

 

消費者金融のカードローンの契約情報がいつまでも残っていると、今後住宅ローンで融資を受ける際の審査で不利に働く可能性も。

 

「契約=借入」と判断されて、住宅ローンに審査落ちしてしまう可能性があるのです。

 

そんなことを避けるためにも、使っていない消費者金融のカードローンは解約しましょう。

 

解約方法は前述のとおりですが、心配なのは解約後どれだけ信用情報に契約情報が残っているか。

 

通常の解約であれば、解約後5年間で記録が消滅します。

 

延滞などで「強制解約」となった場合も解約から5年間ですが、強制解約は明らかにイメージが良くありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加