消費者金融の利用者にはギャンブル好きが多い

消費者金融の利用者にはギャンブル好きが多いです

日本では、パチンコ・パチスロ・競輪・競艇・競馬などのギャンブルが合法化されています。

 

上記のギャンブルの為に消費者金融から借り入れをしている利用者はとても多いです!

ギャンブルの為に消費者金融からお金を借りる人の末路

私の周りの友人には消費者金融の利用者がたくさんいますが、全員に共通している事が「ギャンブルが大好き」だという事です。

 

面白い事に居酒屋とかで話を聞いていると、ギャンブル好きな人って思考回路もみんな同じなんです。

 

消費者金融で借りる⇒ギャンブルで負ける⇒ギャンブルで負けたお金をギャンブルで取り戻そうとする

 

これを融資限度額可能額が0になるまで繰り返す(笑)

 

ギャンブルで勝ち続ける人はほんの一握りです。

 

なので、ギャンブルの為に消費者金融からお金を借りる人は限りなく100%に近い確率で「破産します」

 

限度額がいっぱいになりそれ以上借りれなくなったら2社目、3社目と同じ事を繰り返し、いよいよどこからも借りれない・・・という状況になって初めて「ヤバイな」っていう自分の状況に気が付くんです。

ギャンブルをする人は他人の忠告を聞かない

ギャンブルの為に借金をする人達は他人の忠告には全く耳を貸しません!

 

ギャンブルなんて最終的には絶対勝てないんだからやめなよって言われても絶対にやめません。

 

むしろ、ギャンブルをやっている本人もその事は自覚している場合も多いです。

 

これは脳から出るドーパミンの力の影響です。

 

勝った時に脳から放出されるドーパミンによって快感を覚えてしまい、それを再び味わいたい!という体になってしまうのです。

パチンコをしていてあと少しで当たりそうなのにお金がなくなってしまった時

軍資金が残りわずか・・・。あと1万円・・・あと1万円さえあれば・・・。

 

そんな時に利用すると便利なのが消費者金融です。パチンコ店はどこも基本的に「休憩時間」というのがあります。

 

短い場所だと3.40分くらいですが、1時間の休憩時間が認められている所も多いです。

 

なので軍資金が残りわずかになってきたら、左手で携帯電話を操作して消費者金融に申し込み⇒休憩をとってATMにダッシュしましょう。

 

大手の消費者金融だと最短30分程度で審査が完了するので、パチンコ店の休憩時間を利用して融資を受ける事が可能です!

 

 

消費者金融申込み時に注意

 

当たり前の事なんですが、消費者金融の申込み時に借り入れ理由を聞かれます。

 

この時に、ギャンブルの軍資金の為に借りたい!なんて言ったら融資を断られる可能性が格段に高くなります。

 

ギャンブル好き=いい加減な性格・返済期日を守らない・・・こんな感じで非常にイメージが悪いので、借り入れ理由は生活資金の為!にしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加