年金受給者は消費者金融から融資を受けられるの?

年金受給者でも消費者金融を利用することはできるの?

現在、消費者金融は以前よりもより身近なサービスとなっています。

 

大手の消費者金融業者のほとんどが銀行の傘下になり、より一層安心、信頼して利用できるようになっています。

 

では、年々消費者金融を利用する人が増えている中で、年金受給者でも消費者金融を利用することはできるのでしょうか?

 

そんな疑問に答えたいと思います。

 

まず、結論から述べると、年金受給者の場合は消費者金融を利用するのは難しいと言えます。

 

なぜでしょうか。主に2つの理由があります。

 

年金受給者だと消費者金融を利用するのが難しい2つの理由

 

1つは年齢です

 

多くの消費者金融の場合には65歳以上は利用できないようになっています。

 

なぜ高齢者は利用できないようになっているのでしょうか?

 

お金を貸す側からすると、リスクが大きくなるからです。

 

もし、お金を貸した後に借りた側が病気になったり、さらには亡くなったりした場合には返済がされず、融資したお金がそのまま損害となります。

 

こうした理由のために高齢者への貸付は厳しくなっているのです。

 

2つ目の理由は収入です

 

年金受給者は年金という安定した収入は確かにあります。

 

しかし、収入面でやはり働いている人と比べると金額は大きくないため返済能力が乏しいと判断されやすくなっています。

 

以上のように、年金受給者の場合には消費者金融を利用するのは難しくなっています。

 

では、実際に年金受給者が融資を受けたい場合にはどうしたら良いのでしょうか。

 

実は、消費者金融ではなくて他の方法を利用して融資を受けることはできます。

 

それはどんな方法かというと、「銀行のローン」を利用するというものです。

 

年金受給者でも銀行ローンなら利用できるかも

 

実は、銀行の場合には年金を担保としてローンを組むことができるものがあります。

 

もちろん、このローンも年齢制限があったり、収入が審査されます。

 

それで、年金収入だけでなくほかにも収入があれば審査に通りやすくなります。

 

しかし、条件を満たすのであれば年金受給者でもローンを組むことができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加