親・兄弟・親族からお金を借りる際の注意点

親・兄弟・親族からお金を借りる際の注意点

「お金がなくて苦しい・・・。こうなったら親や兄弟にお金を借りるしかないかも・・・」

 

普通に生活していても、お金がどうしても足りなくなってしまうことはあるものです。

 

そうした時には親族の力を頼るということを選択する人もおられるでしょう。

 

ですが、親や兄弟のような「親しい仲」ほどお金の問題に関してはシビアになってしまうものです。

 

ここでは親や兄弟などの親族からお金を借りる場合の注意点について見てみましょう。

お金が絡むと、「親しい仲」ほど亀裂が生じやすい

お金が絡んでくると、親族など親しい人ほど深刻なトラブルに発展しやすいものです。

 

余計な感情を挟む必要のない他人であればお金の貸し借りもできますが、これまでの人間関係がある場合の方がお金の問題ではぎくしゃくしてしまう可能性が高いのです。

 

お金を借りる側の立場(つまりあなたです)としても、もし借り入れを断られたりすると「恥を忍んで頼んでいるのになんだ!」という意識になってしまいがち。

 

借り入れを申し込まれる側としても「親族に金を貸せなんて・・・。あいつはダメなやつだ」というレッテルを貼ってしまいがちです。

 

これではせっかく良い関係を築いていた親族同士であってもその後はまともに付き合うことはできなくなってしまいます。

 

相続や借金など、お金の問題について親族間でもめたことが原因による事件やニュースが後を絶ちません。

 

親族同士ではできるかぎり「お金についての相談はしない」というのが賢明です。

親族からお金を借りるメリットは、利息や返済期限がゆるいこと

もちろん、お金を借りる側としては金融機関からお金を借りるよりも、親族からお金を借りる方が金銭的な負担は小さくて済むでしょう。

 

利息を取られるということは通常ないでしょうし、返済期限についても「少しぐらいであれば遅れても問題ない」という意識で居られることも多いです。

 

しかし、親族にお金を借りることで失うものは経済的な負担だけではありません。

 

それまで築いてきた親族間の信頼関係や、今後付き合いをしていく上でのストレスなども考慮しておく必要があります。

 

こうした負担を考えると親族からお金を借りることはできれば避けておくのが賢明でしょう。

 

「以前にお金を借りたことがある、貸したことがある」という意識があると、なんのわだかまりもなく親族付き合いをしていくというのはどうしても難しくなってしまいます。

親族との信頼関係を崩したくないなら、金融機関を使おう

親族以外からお金を借りる場所としては銀行や消費者金融などの金融機関があります。

 

銀行は消費者金融よりも審査が少し厳しいという特徴があります(その代わり利息などが有利なことが多いです)

 

急ぎで現金が必要という場合であれば消費者金融を選択するのが良いでしょう。

 

 

もしかすると「消費者金融って取り立てが厳しいんじゃ?なんだか怖いイメージがある・・・」という方もおられるかもしれません。

 

ですが、近年では消費者金融に対する法律上のルールは非常にきびしくなっています。

 

勤務先はもちろん、自宅への取り立てはよほどのことがなければ行われることはありませんし、たとえ同居の親族であってもその人が「お金を借りている」ということをバラされたりすることはありません。

 

最近では消費者金融は一般的なイメージよりもずっと気軽に利用することができるようになっています。

 

少なくともテレビCMでよく見かけるような大手消費者金融(アコムやプロミスなど)は大手銀行のグループ会社になっていますので、安心して使うことができますよ。(アコムはUFJ銀行グループ、プロミスは三井住友銀行グループです)

このエントリーをはてなブックマークに追加