消費者金融の各社審査基準と審査時間を比較

消費者金融はどういった審査をおこなっている?

消費者金融から融資を受ける場合は必ず審査があります

 

「審査がない」とか「ブラックでも融資可能」なんて言っているキャッシング会社がありますが、これは闇金なので絶対に手を出さないようにしましょう!

 

普通に考えてみてください。

 

自分がお金を融資(貸す)する立場に居て、返済能力がない・返してくれなさそうな人に融資をしようと思いますか?

 

思いませんよね?

 

なので、融資を希望してくる人に対して返済能力があるか?を細かく質問項目を設けてスコアリング(採点)して消費者金融は審査しなければなりません。

 

目次

 

 

消費者金融の審査基準

 

基本的に消費者金融の審査を申し込む際に相手側が見ている所

 

年齢や家族形態、住居や年収・雇用形態・勤続年数、他社からの借入れ総額、個人信用情報機関など同じです。

 

審査は何処何処が甘い・緩い!などネットなどで言われている場合がありますが、先程も言ったように基本的には見られている所は一緒なので、アコムの審査に落ちたらプロミスの審査通過も厳しいと考えるべきです。

 

もちろん必ずと言う事はできません。

 

例えば過去にアコムを利用していて債務整理をした場合、個人信用情報機関に一定の年数事故登録がされますが、この信用情報機関に事故登録がされている機関はあくまで「一定の期間」なので時間が経てば削除されます。

 

しかし、アコムの自社システムには永久的に残るので、信用情報機関から事故登録が削除されたとしても二度とアコムから融資を受ける事はできません。

 

逆に信用情報機関で事故登録されていても一定の期間が過ぎ、削除されれば今まで利用した事がないプロミスなどなら融資を受ける事ができます。

 

▲目次へ戻る

 

審査時に一番重要な項目

 

ここが一番大事です。

 

信用情報機関に事故登録されているかどうかという所!

 

大手消費者金融の場合、信用情報機関に事故登録、俗に言う「ブラックリスト」扱いになっている場合は、年収が多かろうが、勤続年数が長かろうが「100%」に近い確率で審査に落ちます。

 

消費者金融に申し込む時は必ず申込者の信用情報をJICC・CIC・JBAなどの個人信用情報機関に照会します。

 

そこでクレジットカードの利用履歴や他者キャッシング会社の利用履歴を確認し、延滞がなかったか?債務整理などしていないか?を見ます。

 

金融事故の確認がされた場合は限りなく100%に近い確率で審査に落ちます。

 

なので過去に支払いを延滞してしまった・・・債務整理などをおこなった・・・そういった事で不安がある方は申込前に一度自分の信用情報を各機関で開示し真っ白な状態を確認してから申し込むのが良いと思います。

 

JBAの登録情報開示はJBAへの郵送による申込みでのみ受け付けてますがJICCCIC共にインターネットから情報開示ができます。費用も1社1000円程度なのでご利用ください。

 

ちなみに、消費者金融の審査に申し込んだ事自体、照会作業履歴として残ります。

 

なので短期間に何社も同時に審査申し込みをした場合、俗に言う「申し込みブラック」となってしまう場合もあるので注意しましょう。※この情報は各機関に6ヶ月程度は残ります。

 

稀に持ち家があったりなどで事故登録があっても融資を受けられる場合もあるようですが、ほとんどは仮審査の段階でお断りの連絡がきます!

 

これも普通に貸す側から考えれば当然です。

 

利用前に合意をして融資を受けているのに、理由はどうであれ自分の都合で「やっぱりキツイから債務整理します」なんていう人信用できませんよね。

 

なので、最低限これに該当しない状態でないと消費者金融の審査に申し込むだけ無駄ですのでそこは理解してください。

 

▲目次へ戻る

消費者金融の審査に絶対通らない人とは?

 

消費者金融の審査項目は細かい所だと、

 

  • 「携帯ではなく固定電話があるか」
  • 「居住年数はどれくらいか」

 

など細部まで聞かれます。

 

この辺もスコアリング(採点)の一つとして軽視はできませんが、各社共通して「特に重要な項目」について解説していきます。

 

以下に該当する場合は絶対に審査に落ちてしまいます

 

年齢

 

各社の定める申込者資格の年齢外である場合は100%融資が実行されません。

 

多くのキャッシング会社は満20歳から69(70)歳までとなっています!

 

満20歳なので数え年で今年20歳になるという方も申込はできません。

 

職業

 

消費者金融は申込者条件の所に必ず「安定した収入がある方」と記載されています。

 

なので夫に安定した収入があっても自身が専業主婦(夫)の場合は融資を受ける事ができません。

 

総量規制

 

消費者金融のフリーローンは総量規制によって自分の年収の3分の一までしか借入れができません。

 

すでに3分の1までの借入れがある場合は他社の審査を受けても融資は受けられません。

 

新規で申込をする場合に年収を偽っても無駄です。消費者金融は情報機関にて他社の借入れ状況を容易に確認する事ができます。

 

なので総量規制によって消費者金融の借入れが困難な場合は、総量規制が適応されない「銀行カードローン」などに申込しかありません。

 

▲目次へ戻る

消費者金融のスコアリングシステムとは?

 

スコアリングシステムというのはザックリ言ってしまうと、「申込み者の属性を自社の採点基準と照らし合わせて点数をつけ、総合的な点数から「審査の可否」「利用限度額」を判断するシステムの事を言います。

 

このシステムがあるからこそ、大手の消費者金融などでは、最短1時間で融資可能になったりするんです。

 

スコアリングの中で最も大事なのが「取引履歴」です。

 

過去に金融事故をおこしていないか?延滞などがなかったか?などは審査の可否に重要になってきます。

 

その他では、居住年数は長い方がいいですし、賃貸アパートなどに住んでいる方よりも持ち家がある人の方がスコアリング時のポイントは高いです。

 

独身の方よりも既婚(妻子あり)の方!健康保険に加入していない場合は危険で、国保よりも社会保険に入っている方が有利です。

 

と言う事は個人事業主の方よりも会社員の人の方がポイントが高いという事にもなります。

 

しかし、融資希望額が50万・100万以上の場合は、このあたりが大きく関わってきますが、収入証明が不要な50万円以下の融資の場合はあまり気にしなくてもいいかもしれません。

 

他社から借入れがなく、アルバイトやパートなどで安定した収入さえあれば普通に契約できるのが消費者金融のフリーローンです。

 

▲目次へ戻る

少しでも審査の通過率を上げる為にできる事

 

以下の事を理解した上で審査に挑めば、少しでも「審査に通らない」という事態を回避できる確率がアップします。

 

それは誰でもできる事です!

 

ずばり、

 

年収や勤務年数など情報を正直に伝える!!

 

それから電話などで担当者と話しをする場合は印象良く、ハキハキとしゃべる!!

 

年収や勤務年数など情報は正確に!

 

正直に言うと、年収や勤務年数などは50万円以下の融資を希望する場合に誤魔化す事ができなくもないです。

 

ですが、個人経営の居酒屋さんや勤務先が変わらなくても正社員からアルバイト・パートになった場合は50万円以下の融資を希望したとしても収入証明書の提出を求められる場合があります。

 

そうなった時に虚偽の情報ではその時点で断られてしまう場合があります。

 

そして、融資が決まった後で万が一虚偽の情報がばれた場合、一括返済を求められたりする事もありリスクは大きいので必ず本当の情報を伝えるようにしてください。

 

オペレーターと話す時は「印象良く」を心がける

 

基本的に融資が可能かどうかの判断は各社の自社システム、コンピューターがスコアリングを元に判断します。

 

融資可能の判断が出れば最終的に専門部署の責任者が最終的な判断でOKを出し融資可能の連絡が来ます。

 

コンピューターで融資可能の判断が出れば大概はそのまま融資となりますが、電話などでおどおどした対応や言葉使いが悪すぎたりすると担当者の心証的にこの人はちょっと・・・となり審査に悪影響が及ぶ場合もあるようです。

 

▲目次へ戻る

各社の最短審査完了時間

 

審査時間は申込方法や申込をした時間帯で変わってきます。

 

アコムの場合は

 

 

アコムは以下の方法で申込ができ、「最短約30分で審査が完了」となっています!

 

  • インターネット
  • 電話
  • 窓口・むじんくん
  • 郵送

 

「即日振り込み」は平日14時までに契約が完了している必要があります。

 

平日14時までに契約完了しない、又は土日祝日の場合はインターネットなどで審査までを済ませて、アコムの自動契約機「むじんくん」でカードを受け取る事ができるので即日融資が可能です。

 

アコムむじんくん営業時間

 

8:00〜22:00(土日祝日も営業)

 

 

 

SMBCモビットの場合は

 

 

SMBCモビットは下記の方法で申込ができ、「最短約30分で審査が完了」となっています!

 

  • インターネット
  • 郵便
  • 電話
  • SMBCモビットのキャッシングローン申込機

 

「即日振り込み」は平日14:50分までに振込手続きを完了している必要があります。

 

間に合わなかった場合や平日以外の場合は審査までをネットなどで済ませてしまいましょう。審査に通過した後、営業時間内にSMBCモビットの無人契約機でカードだけ受け取れば、すぐにキャッシングできます。

 

SMBCモビット無人契約機営業時間

 

8:00 〜21:00(土日祝日も営業、一部店舗を除く)

 

 

 

プロミスの場合は

 

 

プロミスは下記の方法で申込ができ、「最短約30分で審査が完了」となっています!

 

  • インターネット
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)

 

「即日振込み」は平日の14時までに契約が完了している必要があります。

 

上記の時間に間に合わない、又は土日祝日の場合ですが、申し込みまでインターネットで済ませれば「自動契約機」でカードが受け取れるので、自動契約機の営業時間内であれば即日融資を受ける事ができます!

 

プロミスの自動契約機営業時間

 

9:00〜22:00(土日祝日も営業、一部店舗を除く)

 

 

 

アイフルの場合は

 

 

アイフルは下記の方法で申込ができ、「最短約30分で審査が完了」となっています!

 

  • インターネット
  • 来店(無人契約機)
  • 電話

 

ちなみにアイフルの即日振り込みの条件ですが、アイフルでは○○時までに○○なら即日振り込みが可能!というような公表はされていません。

 

しかし、銀行の営業時間内の契約で振込みが実行されると想像できますので、できれば午前中に申し込むようにしましょう!

 

その他インターネット申し込みをしてカードをアイフルの無人契約機「てまいらず」で受け取るという方法なら遅い時間まで即日融資が可能になっているので、銀行の営業時間外や土日祝日の場合はこの方法を利用しましょう!

 

アイフルの無人契約機「てまいらず」の営業時間

 

9時〜21時(平日、土曜日曜祝日も営業)

 

 

 

※各社営業時間外のお申し込みについては翌日の審査になります!

 

▲目次へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加