借金を何とかしたいという方!まずは債務整理のデメリットを知ろう

債務整理の種類&それぞれのメリット・デメリット

債務整理とは、4つの手段があります。

 

それは、特定調停、任意整理、個人再生、自己破産です。

 

いずれも現在の借金を低減する方法です。

 

これらの債務整理は、自分の状況により、取り得る手段が変わってきます。

 

債務整理をする事のメリット・デメリット

 

特定調停

メリット

  • 費用が約1万円程度なのでお金がかからない

デメリット

  • 基本的に自分で手続きが必要
  • 最寄の裁判所へ数回通わなくてはならない
  • 個人信用情報機関に記録が残るので最低5年以上は新たな借入れができない
特定調停のまとめ

 

一番費用がかからず債務整理ができるのが特定調停です

 

しかし、書類の作成などは自分で行わなければならない&指定された日に裁判所に数回行かなければなりません。

 

また数年間は「ブラックリスト」入りなので、その期間は新たな借入れなどができなくなります。

 

任意整理

メリット

  • 弁護士(司法書士)が相手方と交渉するので自分でやる事はほとんどない
  • 他人に内緒で債務整理が可能

デメリット

  • 弁護士(司法書士)費用が高い
  • 個人信用情報機関に記録が残るので最低5年以上は新たな借入れができない
任意整理のまとめ

 

裁判所を通さず、弁護士(司法書士)と債権者間の和解を行うもので、現在の元金の返済を消費者に約束させるため、これからの利息分を免除してもらう交渉となります。
そのため、債務総額が今より大きく落ちる事はありませんが、これ以上利息を取られない分、返済は楽になります。

 

個人再生

メリット

  • 借金総額を現在の1/5か、あるいは100万円に出来る

デメリット

  • 資産価値のある持ち物は売却しなければならない
  • 近しい家族には隠し通せない
個人再生のまとめ

 

個人再生のメリットは借金総額の大幅な減となる一方、車や高価な資産となり得るものは売却する必要が遭発生します。

 

また、家族等には隠しておく事が出来ないというデメリットがあります。

 

また、個人再生の場合は、毎月安定した収入がある人でないとこの手段は取れません。

 

自己破産

メリット

  • 借金総額を免除出来る

デメリット

  • 生活する上で最低限必要なものだけしか残せない
自己破産のまとめ

 

自己破産は債務整理の最終手段ですが、この自己破産には免責不可事由があります。

 

それは、ギャンブル、収入以上の飲食、買い物、株取引、先物取引、闇金の利用をしていた場合は自己破産が出来ません。

 

債務整理を依頼する所は?

 

債務整理は過払金請求や任意整理の場合は、弁護士、司法書士に依頼が可能です。

 

個人再生、自己破産については弁護士ではないと対応できません。

このエントリーをはてなブックマークに追加