アコム・プロミス・アイフル・モビットの最低返済金額は?

アコム・プロミス・アイフル・モビットの最低返済金額を比較してまとめました

アコム・プロミス・アイフル・モビットの最低返済金額はこうなっています!

 

業者名 10万円 20万円 30万円 40万円 50万円
アコム 3000円 6000円 9000円 12000円 15000円
プロミス 3000円 6000円 8000円 11000円 13000円
アイフル 4000円 8000円 11000円 11000円 13000円
モビット 4000円 8000円 11000円 11000円 13000円


この比較表からわかる事は、毎月の最低返済金額が一番低いのが「プロミス」であるという事。

 

次に30万円まで最低返済金額が低いのがアコムですが、40万・50万の借入れ時は4社の中で最も高い最低返済金額となります。

 

アイフルとモビットは最低返済金額が同じです。

最低返済金額で返済し続ける事のメリット・デメリット

最低返済金額で返済し続ける事のメリット・デメリットについて解説したいと思います。

 

最低返済金額で返済し続ける事のメリット

 

最低返済金額で返済し続ける事のメリットですが、これはもう一つしかありません。

 

月々の返済が物凄く楽!!

 

10万円借りた場合だと毎月の返済金額は大手消費者金融4社で3000円〜4000円となっています。

 

これくらいの返済金額なら毎月の大きな負担にはならないと思うので良いですよね。

 

最低返済金額で返済し続ける事のデメリット

 

掲載している最低返済金額というのは各社が定めた最大の返済回数(期間)で支払う場合の金額です。

 

消費者金融からしてみれば最低返済金額で利用を続けてくれるお客様は一番嬉しいお客様となります。

 

なぜか?

 

利息をたくさん支払ってくれるからです。

 

最低返済金額で返済を続けた場合は、最終的な返済総額は高く付いてしまいます。

 

元金がなかなか減らないです。

 

消費者金融は貸付に対してもらえる利息が儲けになりますので、長期間返済を続けてくれるお客様=良いお客様となるのです。

当サイトのおすすめ金融

このエントリーをはてなブックマークに追加