契約者本人が死亡|その後の返済はどうなるの?

契約者本人が死亡した場合は残った債務はどうなるの?

消費者金融から借りたお金は完済しておきたいものですが、そうもいっていられない事情があります。

 

消費者金融からお金を借りていた人が、返済途中で死亡した場合などです。

 

もし、消費者金融の契約者本人が死亡した場合、残された借金はどうなるのでしょうか。

 

契約者本人が独り者で天涯孤独だとしたら、借金を請求する当てがなくなってしまいますので、消費者金融としてもこれ以上の請求はできません。

 

よってこの場合、消費者金融としては「貸し倒れ」として処理をするようです。

 

では、契約者本人に配偶者や子供などの家族がいる場合はどうでしょうか?

 

「契約者本人が死んでいるから、借金は誰も返済しなくてもよいのでは」と考えがちですが、そうではありません。

 

人がなくなったとき必ず話題になるのが、財産の相続。

 

財産というと、家や土地、車や金融商品などの「プラスの財産」ばかり連想しますが、実は「マイナスの財産」である借金も財産相続の対象となります。

 

たとえ契約者本人が家族に黙って消費者金融からお金を借りていたとしても、それが借金相続の言い逃れにはなりません。

 

また、「プラスの財産は相続したいがマイナスの財産は全部いらない」といった、都合のいい話もありません。

 

プラスの財産の方がマイナスの財産より多ければ、プラスの財産を借金返済に充てればいいだけです。

残された借金の解決方法は?

プラスの財産を相続すればマイナスの財産も漏れなくついてくる、しかも借金の額がかなり多ければ残された人にとっては理不尽かもしれません。

 

そんな家族を救うための制度があります。

 

まずは「相続放棄」です。

 

相続放棄は、マイナスの財産を放棄することができますが、それと同時にプラスの財産も放棄しなければなりません。

 

相続放棄の手続きは家庭裁判所で行い、相続開始が分かった日から3か月以内に行わなければなりません。

 

もう一つの方法は「限定承認」

 

「財産は相続したいが100万円程度ならば返済してもよい」と考えるのであれば、こちらがいいでしょう。

 

手続きは相続放棄の時と同じです。

このエントリーをはてなブックマークに追加