消費者金融で目にする総量規制とは?対象外になるのは?

総量規制とは?

収入に対して借り過ぎてしまい、返済ができない・・・

 

総量規制とは個人の借入総額が年収の3分の1までに制限する法律の事です。

 

なので例えば年収が300万の場合は最大で100万円までの借入れとなります。

 

ちなみに「借入れ総額」なので上記の場合は1社で100万円を借りた場合は、もう他社から借入れをおこなう事はできません。

 

年収の3分の1を超える貸付をおこなった場合、貸金業者は行政処分の対象となります。

 

なぜ総量規制ができたのか?

 

総量規制ができた背景には色々な要因があると思います。

 

グレーゾーン金利や収入に見合わない貸付などが原因で返済不能に陥った方はたくさんいました。

 

中には返済苦から自殺という事もあったようです。

 

そんな経緯から2006年、問題点が多かった金融業界に一石が投じられました。

 

貸金業法が改正され、2010年までに段階的に施行されました。

 

段階的に施行した理由は、一斉に施行した場合、消費者金融業界の経営環境が大きく変化して企業&利用者に大きな悪影響を及ぼす恐れがあったからです。

 

これによってできたのが総量規制なのです。

 

総量規制の例外について

 

総量規制は基本的に消費者金融のキャッシングローン・クレジットカード(キャッシングのみ)・信販会社(キャッシングのみ)に適応されると考えましょう。

 

オリックス銀行カードローン、株式会社新生銀行カードローンレイクなど「銀行カードローン」は総量規制外となります。

 

⇒おすすめ銀行カードローンはこちら

 

そして、消費者金融が提供する商品でキャッシングローン以外の、

 

  • 目的別ローン
  • 借り換え・おまとめローン

 

これらも総量規制の例外になるので審査に通れば年収の3分の1以上であっても融資を受ける事ができます。

 

その他総量規制外について詳しく知りたい方は日本貸金業協会のサイトを確認してみてください。

 

⇒日本貸金業協会公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加