学生でも安定した収入があれば借りられる「おすすめ消費者金融」

学生におすすめの消費者金融は?

学生は消費者金融からお金を借りる事ができるのか?

 

答えはYESです!

 

大手の消費者金融の場合、専門学生や大学生であっても20歳以上で安定した収入があれば審査に申し込む事ができます。

 

例として、業界最大手アコムの公式サイトのよくある質問という所ではこのように回答されています↓

 

主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でも契約はできますか?

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

 

学生の方におすすめの消費者金融

▽▼▽▼▽▼

 

お金を借りたいけど親にばれない?

 

ネット上でこの問題を調べると色々な意見がありますね。

 

結論から言うと「限りなく100%に近くばれません」

 

現在の消費者金融は保証人が不要ですし取引をする為のカードも無人契約機(店舗)で受け取れば自宅へ郵送もされません。

 

自宅への在籍確認も個人情報保護の観点から社名は使わず担当者の個人名でかけてきます。

 

それでも、どうしても不安だという方は契約の段階で「親にばれたくない」と伝えれば、然るべき対応をしてくれるはずです。

 

万が一ばれる可能性があるとすれば、返済を長期延滞(バックレ)し消費者から督促状などが届いた時。

 

この場合はどうしようもないです。そうならない為にも返済計画をしっかりたてましょう。

 

又、返済が遅れる場合は必ず電話で伝えましょう。1週間程度の遅れならば信用情報機関にも記録されません。

 

何より連絡をする事が大事です。

 

学生は融資限度額が少ない

 

普通の会社員などは毎月200時間近くが仕事の時間になりますが、学生だとどうしても学業が優先されるのでアルバイトに時間をかけてられないと思います。

 

当然収入自体も少ないはずです。

 

消費者金融から受けられる融資額は最大で年収の3分の1と定められています。

 

毎月5万円のバイト代があったとして、年間で60万円。

 

60万円の3分の1=20万円。

 

この20万円というのが最大で受けられるかもしれない限度額です。

 

融資限度枠を広げたいが為に年収をごまかす事は絶対にやめましょう。

 

以前は年収の3分の1の縛りもないし審査自体が緩く、年収も結構ごまかせたりしましたが、この辺は近年かなり強化された部分です。

 

場合によっては収入証明の提出を求められる事もあるので正直な情報を伝えるようにしましょう。

 

虚偽の情報で融資を受けた事がばれた場合、一括返済を求められたりする場合があります!

当サイトでよく読まれている記事

このエントリーをはてなブックマークに追加