小額のお金を借りるなら誰にも迷惑がかからない消費者金融がおすすめ

小額のお金を借りるなら消費者金融がおすすめです

「給料日前でお金がないのに、3日後に友人の結婚式で3万円必要・・・。ちょっとだけでいいからお金を借りたい・・・」

 

家族や友達にお金を借りられればいいですが、できるだけ周りに迷惑をかけたくはないですよね?

 

職場で「あの人にお金を貸してって言われた」なんて噂が立ってしまったりしたら大変です。

 

家族に借りるという方法もありますが、やはり心配をかけてしまうのは避けたいです。

 

お金の問題は親しい人ほどトラブルに発展しやすいものです。

 

少額のお金でOKなのであれば消費者金融などの金融機関を上手に利用するようにしましょう。

 

誰にも知られずにお金を借りたい!

お金の問題は、できれば誰にも知られることなく解決したいものですよね?

 

金融機関に融資を申し込めば、誰にも知られることなくお金を借りることができますよ。

 

金融機関というのは普段からよく使っている銀行や、アコムやプロミスなどの消費者金融、クレジットカードのキャッシング機能のことです。

 

この中で最もハードルが低いのは消費者金融の融資です。

 

消費者金融であればスムーズに行けばその日のうちに銀行振り込みなどの形でお金を貸してもらうことができますよ。

消費者金融を利用した場合のデメリットは?

消費者金融を利用する場合のデメリットについても理解しておきましょう。

 

まず、これは他の金融機関でも同様ですが、お金を借りると利息の支払いをする必要があります。

 

利息の負担額は貸付利率によって決まります。

 

消費者金融の場合、融資し利率は15%〜20%とされることが多いです。

 

ドラマなどを見ていると「1週間で元本の何倍もの利息を請求される」などのシーンが出てきますが、現実にはああいったことはありえません。

 

金融機関がとっていい利息については「利息制限法」と「貸金業法」という2つの法律があり、厳しい規制があるのです。

 

具体的には、金融機関は10万円までの借金の場合は20%、100万円までの場合は18%、100万円を超える借金の場合には15%までしか利息を取ることができません。

 

また、消費者金融からの借り入れの場合、「総量規制(そうりょうきせい)」というルールもあり、利用者が大きすぎる借金を負ってしまうことのないように規制が行われています。

 

総量規制は年収の3分の1を超える金額の融資申し込みはできないというルールのことで、消費者金融はこの総量規制の金額を超える金額の貸付を行うことはありません。

 

つまり、現在の自分の年収から考えて大きすぎる借金というのは、「したくてもできない」という形になっているのが現状ということなのです。

 

消費者金融については怖いイメージを持っている方もおられるかもしれませんが、実際には利用者が大きすぎる借金を負ってしまわないように法律上いろんなルールがあるということを知っておくと良いでしょう。

消費者金融を利用するなら、「少額融資かつ短期返済」が安全

数万円〜100万円程度までの少額融資であれば消費者金融を使って見るメリットは大きいと言えます。

 

融資審査も即日できますし、保証人などを準備する必要がありませんので、誰にも知られることなくお金を用意することができますよ。

 

もちろん、上記で説明させていただいた通り、消費者金融での借り入れは利息が発生することは理解しておきましょう。

 

消費者金融を使う場合には「少額かつ短期返済」を心がけておくのが鉄則です。

 

参考にしてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加