キャッシング申請時に嘘の個人情報を記入すると・・・

金融関係の審査は精度が高い

キャッシングの申請やクレジットカードの申し込みの時に、個人情報を正確に報告する事は絶対条件となっています。

 

時に審査に通るかどうかを心配して、つい嘘の個人情報を伝えてしまう事があります。

 

また、少しでも多めにお金を融資してもらうために多目な収入を書いたり、嘘の資産を報告したりと、事実とは違う個人情報で融資を受けようとするケースは少なくありません。

 

しかし、結論から言いますと嘘の個人情報は何のメリットにもなりません。

基本的に金融関係の審査は精度が高いために、利用者がつく嘘を見抜いてしまう可能性がかなり高いのです。

 

 

まず年齢詐称や偽名は使えません。

 

キャッシングでは身分証明書の提出が必須になりますから、住所や電話番号さえも正直に書かねばなりません。

 

また勤務先で嘘をつく方もいますが、在籍確認の電話などでチェックが掛かれば嘘がばれてしまうでしょう。

 

もし嘘が発覚すれば融資はもちろんブラック化する可能性もあります。

 

それから年収を上乗せして記入する事がよくありますが、一般的なキャッシングの場合は少額融資ですから、パート・アルバイトの方でも利用が可能です。

 

わざわざ収入を膨らませて信用を得る必要もありませんし、借入額が50万円を超える場合は収入証明書が必要になりますので嘘がばれるでしょう。

総量規制は貸金業者に課せられた義務

他にも嘘をつきたくなるポイントがいくつかあります。

 

それは借入件数や金額とその返済状況です。

 

貸金業者は必ず信用情報機関を審査対象として確認します。

 

この時に利用者の取引履歴が詳細に確認されますので、例え隠しても全て分かってしまうのです。

 

それに現在では、総量規制によって年収の3分の1以上の融資が禁止されています。

 

これは消費者金融などの貸金業者に課せられた義務で、業者はこの点に関してはかなり慎重に調査をします。

 

つまり、限度額を超えるキャッシングは受けられないという事です。

 

また債務整理や強制解約などでブラック状態にある方も秘密にしてはいられません。

 

この様に個人に関する情報で、嘘をついてもメリットは得られないどころか損をする事になるのでご注意ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加