消費者金融比較

セントラルの審査に通るためにはどうすればいいのかわかりやすく解説!

セントラル 審査

セントラルは、アコムやプロミスなどの大手消費者金融ほどには知名度は高くありませんが、日本貸金業協会に登録された正規の消費者金融。

大手に引けを取らないサービスや利便性で、中小消費者金融の中でも高い人気を誇っています。

しかし、セントラルのような中小消費者金融の利用を検討する際に多いのが、
「審査の流れや審査内容は大手と違うの?」「審査に通過するにはどうすれば良い?」
といった審査への不安の声。

今回はこのような不安を解消するため、セントラルの審査について徹底解説します。

セントラルの特徴について

セントラル

セントラルは四国や関東圏を中心に営業展開

セントラルは、昭和48年から営業している老舗の中小消費者金融。

有人店舗は愛媛の本社1店舗のみですが、四国各地に自動契約機やATMを備えた店舗を設置しています。

また、近年では岡山や関東にも進出しており、営業圏を順調に拡大している消費者金融です。

 

全国のセブン銀行ATMで利用可能

セントラルは2017年からセブン銀行と提携を開始しています。

セントラルが発行する専用ローンカード「Cカード」を使えば、セブン銀行ATMで繰り返し借入・返済が利用できます。

セブン銀行ATMはセブンイレブンやイトーヨーカドーの店内に設置されており、その数は2.5万以上。日本全国、どの地域でも利用しやすいのがメリットです。

 

30日間無利息サービス

大手消費者金融ではお馴染みの30日間無利息サービス。

中小消費者金融では取り扱っていないと思っている方も多いですが、実はセントラルでも初めて利用する方を対象に30日間金利0円で借入ができます。

契約日の翌日から30日間は金利の負担は一切ありませんので、支払い利息の軽減に大きな効果があります。

 

中小消費者金融ならではの柔軟な審査

セントラルのような中小消費者金融のメリットは、大手消費者金融よりも柔軟な審査が期待できる点です。

  • 過去に金融事故(債務整理)を起こしている方
  • 借入件数が多い(概ね3社以上)

大手では上記のような理由に該当すると即審査落ちになりますが、セントラルでは申し込み時点での収入や勤務先等の属性に問題が無ければ審査に通過できる可能性があります。

信用情報にトラブルがあってもすぐに門前払いにはせず、担当者による聞き取り調査も丁寧に行った上で融資の可否を決定するので、「大手には断られたけれどセントラルの審査には通った!」という方も少なくありません。

 

セントラルの即日融資審査OKの可能性について

セントラルは即日融資もOKなので、急にお金が必要になった時にも安心です。

では、その条件や手続方法を見てみましょう。

手続方法

セントラルの即日融資には、2通りの方法があります。

 

①来店不要の即日融資

店舗や自動契約機に行かずに、インターネット上で申込みから融資までの全ての手続きが完結できる方法です。

ただし、平日14時までに申込みをすることが条件です。

  • ネット申込み(平日14時まで)
  • 審査
  • 必要書類提出、契約
  • 振込融資

 

申込み後、オペレーターに電話をして即日融資希望の旨を伝えると、前倒しで審査をしてもらえる可能性があります。

契約完了後は再びコールセンターに電話をして、登録した銀行口座への振込を依頼して下さい。

 

②自動契約機で契約

平日14時以降、または土日祝日に即日融資を希望する場合は、自動契約機で契約を行い、その場でカードを発行してもらいましょう。

  • 申込み(ネットまたは自動契約機)
  • 審査
  • 必要書類提出、契約
  • カード発行
  • セントラルATM、提携ATMで借入

 

申込みはネット、自動契約機のどちらからでもかまいませんが、ネット申込みの場合は審査通過後にオペレーターに電話をして自動契約機での契約希望を伝えて下さい。

自動契約機でカードを受け取れば、すぐにATMから借入できるようになります。

 

条件について

セントラルでは、申込み時間や曜日によって即日融資の方法が大きく異なりますので、申込み時は手順をよく確認しておきましょう。

 

  • 平日14時まで…振込融資(全てネットで完結)
  • 平日14時以降、土日祝…自動契約機で契約→ATMで借入

 

何時まで?

振込で即日融資を受ける場合、申込み時間だけでなく、銀行の振込時限にも注意しなければなりません。

申込みが14時までに完了していたとしても、振込依頼が15時以降になると入金は翌営業日になるので、契約完了後はすぐに電話依頼をして下さい。

また自動契約機の営業時間は21時までなので、カードを受取る場合もできるだけ早く契約機に行きましょう。

 

注意点など

平日14時までに申込みができる場合は、振込融資で全国どこでも即日対応可能です。

しかし平日14時以降や土日祝日の場合、セントラルの自動契約機は設置場所が限られているので、住んでいる地域によっては即日融資が実質不可能なケースも少なくありません。

公式ホームページに自動契約機の設置場所が掲載されているので、申込み前にチェックしておきましょう。

 

セントラルの審査に通る人・落ちる人

審査に通る人

安定した返済能力がある

セントラルの審査で最も重要なポイントは、安定した返済能力が確保されているかどうかです。

安定した返済能力と聞くと、年収の高い正社員や公務員が連想されがちですが、実はアルバイトやパートでも長く勤務しており毎月一定の収入を得ている状態であれば審査に通過することができます。

その反対に、正社員でも勤続年数が1、2ヶ月といった短期間の場合は、収入の安定性に欠けるとして審査に通過しないケースもあります。

 

20歳以上

セントラルを利用するためには返済能力も重要ですが、必ず年齢条件も満たす必要があります。

セントラルを利用できるのは20歳以上の成人の方と定められており、どんなに収入があったとしても、未成年はセントラルを利用することはできません。

審査に通らない人

無職の方

セントラルは、収入のない無職の方では審査に通過することはできません。

審査に通るためには週に何日かでも良いので仕事に就き、安定した収入を確保することが必要です。

ただし、日雇いや短期のアルバイトは決まった職場がなく、今後の収入も不安定とみなされるため、審査に通らない可能性が高いでしょう。

 

総量規制オーバー

セントラルは貸金業者なので、「総量規制」という貸金業法上のルールが適用されます。

これにより、年収の3分の1を超える個人への貸付は絶対にできないことになっています。

総量規制は他の貸金業者の借入も含めた総額で判断しますので、既に他社で年収の3分の1近く借りている場合、セントラルの審査には通過できないでしょう。

 

他社で延滞している

セントラルでは、多少の信用情報に関する問題であれば柔軟な対応をしてくれますが、現在の返済状況は厳しくチェックされるので要注意です。

他社の返済が遅れている場合、延滞を解消しない限りは返済能力が不十分と判断され、審査に落ちてしまいます。

JICC
JICCで信用情報を開示|見方を解説!消費者金融の審査が不安なら申込前にJICCの情報を開示しましょう。 消費者金融の利用を考えている人の中で自分の個人信用情報が気にな...
CICの信用情報開示方法&見方|審査が不安ならやってみようCICで情報開示して審査前の不安を解消しよう 過去に延滞又は債務整理など行っていて自分の信用情報が気になる方はCICで情報開示をおこな...

セントラルの審査を通過しやすくするために

情報を正しく間違えなく

他社借入の過少申告や、年収の水増しなど、審査に通りたいあまり嘘の情報を書いてしまうのは逆効果。

こうした虚偽の申告は、本人確認書類や収入証明書類、信用情報からすぐにばれてしまいます。

嘘をつく=信用できない人物という印象を与え、当然ながら審査には不利に働きます。

また、ついうっかりと入力ミスをした場合も、「故意の嘘」と判断される恐れもあります。

人間誰しもミスはありますが、審査結果に大きく影響しますので、必ず入力内容の再確認をしましょう。

 

誠実な態度で

柔軟な審査を行うセントラルでは、「申込者の人柄」も重要な判断基準の一つとしてチェックしています。

例えば、横柄な態度でセントラルのスタッフに対応した場合、「この人には貸したくない」「トラブルに繋がりそう」と判断される可能性も十分にあり得るということです。

審査に通るためには、誠実な態度で応対し、店舗に行く際にも清潔感のある装いを心掛けましょう。

 

在籍確認にはちゃんとでる

在籍確認は返済能力を確認するための重要な審査項目。セントラルの審査でも、申告された勤務先で本当に働いているかの裏付けを取るために必ず在籍確認の電話しています。

しかし、「営業時間が夜間のみ」、「日中は全員現場に出ている」といった会社の場合は、在籍確認が取れず審査落ちになるケースもあります。

架電時間をセントラルに相談することも可能なので、必ず在籍確認の電話に対応できるように対策をとりましょう。

 

最初は限度額を低めに

セントラルの最大限度額は300万円。

申込みの際にはこの範囲内で希望限度額を申請します。実際の限度額は審査によって決定しますが、希望額を安易に多くすると審査は厳しくなります。

利用実績を積んでいくと限度額の増額申込みもできるので、まず最初は低めの希望額で審査に通ることを優先させ、本当に追加で必要になった時に限度額を増やすと良いでしょう。

 

セントラルの審査の流れ

申し込み方法

①申込み

申し込み方法は、ネット(スマホ・パソコン)、自動契約機、来店、郵送、コンビニ(マルチコピー機からFAX申込み)の5通りの方法があります。

②審査

申し込みが完了すると、セントラルでの審査が始まります。

③必要書類提出

必要書類の提出は、公式ホームページの「お客さまサポートページ」からのアップロードが最も手軽でオススメです。その他にもメールやFAX、郵送でも受け付けています。

④契約、融資

契約方法は大きく分けて2種類あります。
一つ目は、セントラルの店頭や自動契約機で契約する方法です。契約完了後、その場でCカードと契約書類を受け取ることができます。受け取り後は、セントラルの自動契約機はもちろん、全国のセブンATMで借入できるようになります。

二つ目は、ネット上で来店なしですませる方法です。必要書類を提出すれば、契約手続きが完了します。後日、Cカードと契約書類が自宅に郵送で届きますが、お急ぎの場合はカード到着前でも振込での借入が可能です。

また、Cカードはカードサポートデスクで有効化手続きを行わなければATMで利用できませんので、受領後は忘れずに連絡するようにしましょう。

 

必要な書類

①本人確認書類(いずれか1点)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住基カード

 

②収入証明書類(いずれか1点)

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分+1年以内の賞与明細書)
  • 所得証明書

 

本人確認書類は、申込者全員が提出必須の書類です。

収入証明書類はセントラルの利用限度額が50万円超、または他社を含めた借入総額が100万円超となる場合に必要になります。

条件に該当する方は、必ず事前に用意しておきましょう。

 

時間など

  • ネット 24時間
  • 自動契約機 8時〜21時
  • 店頭窓口 平日 9時~18時
土曜 9時~15時
  • 郵送 随時
  • コンビニ 8時〜21時

 

即日融資について

平日14時までに申込みができるのであれば、来店不要で即日振込が可能です。

平日14時以降や土日祝に申込みをする場合は、自動契約機で契約してCカードを発行すれば即日ATMから融資を受けることができます。

振込依頼や自動契約機でのカード受け取りも時限に気をつけましょう。

 

セントラルの返済方法について

  • 返済場所(ATM)
  • セントラルATM

全国のセントラルATMで手数料無料で返済できます。

銀行振込

セントラルの指定口座へ直接振込をする方法です。

インターネットバンキングがあれば、自宅からも返済手続きができます。

銀行所定の振込手数料が必要です。

セブン銀行ATM

Cカードを使ってセブン銀行ATMから返済することができます。年中無休、24時間利用可能です。

1万円以下110円、1万円超220円の手数料がかかります。

 

返済日

契約手続きの際に、約定返済日を自由に設定することが可能です。

セントラルでは、選択した返済日から前10日間が返済期間と設定されています。

この期間内に忘れずに返済を行うようにしましょう。

 

セントラルの審査について(まとめ)

30日間無利息サービスや全国のセブン銀行ATMとの提携など、大手消費者金融にも負けない魅力的なサービスがあるセントラルは、中小消費者金融の利用が初めてという方にもオススメです。

また、過去よりも現在や未来の返済能力を重視して審査が行われるので、過去の債務整理などが原因でブラック状態の方でも審査に通る可能性があるのもメリットの一つといえます。

ただし総量規制を超える借入や他社延滞中の方はセントラルであっても審査には通過できません。

借入を減らす、延滞を解消するなど、問題をきちんと解決してから申込みをしましょう。