消費者金融比較

主婦でも旦那に内緒で借りれる消費者金融特集!バレないための秘訣もご紹介

主婦でも借りれる消費者金融

家計を預かる主婦であれば、家計が苦しい、やりくりが大変と感じたことがある人は多いと思います。

急な大金が必要になっても賄える貯金もなく、どうしてもお金を借りるしかないこともあるでしょう。

しかし、いざ借りるとなると、どこで借りたらよいのかわからないですよね。
色々方法はありますが、収入のない専業主婦が借りることができる方法は実は限られています。

ここではパートやアルバイトで収入がある主婦から、まったく収入の無い主婦まで、お金を借りる方法について解説します。

お金を借りたことを家族に内緒にしておきたい人も必見ですよ!

パートやアルバイトなどの収入があれば主婦でも消費者金融でお金を借りられます

主婦であっても、パートやアルバイトで働いていれば、お金を借りることができる消費者金融はあります。

単発ではなく、定期的に収入が見込めることが条件になっています。

収入がある主婦におすすめの消費者金融ランキング

大手の消費者金融業者であるアコム、アイフル、プロミスは定期的に収入が見込めるパー

ト・アルバイトをしている主婦ならお金を借りることができます。

 

プロミス 審査
プロミスの審査に通るためにはどうすればいいのかわかりやすく解説!プロミスは、審査スピードやサービスにも定評があり、非常に人気のある消費者金融です。 しかし、当然ながら誰でも利用できるわけではなく...
アイフル 審査
アイフルの審査に通るためにはどうすればいいのかわかりやすく解説!「急にお金が必要になった…」 「今月の生活費が足りない」 そんなピンチから救ってくれるのが、アイフルのカードローン。必要な時...
アコム 審査
アコムの審査に通るためにはどうすればいいのかわかりやすく解説!アコムの審査について徹底解説!「はじめてのアコム」のフレーズでお馴染みの大手消費者金融アコム。知名度も高いので安心感もあり、消費者金融の利用が初めての方にもオススメです。アコムについて「どうすれば審査に通るのか」「審査の流れが分からない」などの不安や疑問について徹底解説 ...
SMBCモビット 審査
SMBCモビットの審査に通るためにはどうすればいいのかわかりやすく解説!SMBCモビットの審査に通るためのポイントを分かりやすく解説していきます。SMBCモビットは、知名度も高く、審査スピードやサービスにも高い評価を得ている大手消費者金融です。実は審査に落ちてしまう要因は限られており、しっかりと対策をとることで審査通過率は格段にアップします。...

 

ただし収入なしの専業主婦だと消費者金融では借りれません

消費者金融は貸金業法の総量規制があり、貸付の上限金額は年収の3分の1と決められています。
つまり、収入のない主婦は年収が0ですので、貸付できないことになるのです。

しかし例外もあり、「配偶者と併せた年収の3分の1以下なら貸付可能」という項目があります。
法的には専業主婦でも、配偶者の年収の3分の1までならお金を借りることができるというわけですが、借主本人の収入ではないため保障が弱く、貸倒れのリスクが高いとして主婦への貸付を行わない業者が多いのです。

消費者金融は?銀行カードローンの違い

※どういう内容を求められているのかわかりませんでした・・・

消費者金融には無利息期間がある

消費者金融で初回利用に限り、無利息期間が設けられていることが多いです。

例えば無利息期間が30日間となっていれば、30日以内に完済すれば、利息0円ということになります。

比較すると消費者金融は金利が高い

銀行カードローンと比較すると、消費者金融の方が金利が高く設定されています。

消費者金融はより多くの人に貸付ができるよう、審査基準が低めに設定されています。

万が一貸し倒れした人がいた場合でも、他の利用者の利息分で採算がとれるように、高い金利になっているのです。

専業主婦が消費者金融で借り入れできない理由は総量規制が大きく関係

専業主婦への貸付に関して、消費者金融と銀行カードローンの違いは適用される法律の違いにあります。

銀行カードローンは銀行法が適用されるため、総量規制を受けません。

専業主婦への貸付限度額は銀行側が設定できるため、法律上は配偶者の年収に関わらずにお金を貸し付けることが可能です。

収入の無い専業主婦だと消費者金融では借りれませんが銀行系カードローンなら可能

パートもアルバイトもしていない専業主婦だと、消費者金融では借りることができません。

しかし、銀行系カードローンなら借りることができます。

専業主婦におすすめの銀行カードローンランキング

プロミス 審査
プロミスの審査に通るためにはどうすればいいのかわかりやすく解説!プロミスは、審査スピードやサービスにも定評があり、非常に人気のある消費者金融です。 しかし、当然ながら誰でも利用できるわけではなく...
アイフル 審査
アイフルの審査に通るためにはどうすればいいのかわかりやすく解説!「急にお金が必要になった…」 「今月の生活費が足りない」 そんなピンチから救ってくれるのが、アイフルのカードローン。必要な時...
アコム 審査
アコムの審査に通るためにはどうすればいいのかわかりやすく解説!アコムの審査について徹底解説!「はじめてのアコム」のフレーズでお馴染みの大手消費者金融アコム。知名度も高いので安心感もあり、消費者金融の利用が初めての方にもオススメです。アコムについて「どうすれば審査に通るのか」「審査の流れが分からない」などの不安や疑問について徹底解説 ...
SMBCモビット 審査
SMBCモビットの審査に通るためにはどうすればいいのかわかりやすく解説!SMBCモビットの審査に通るためのポイントを分かりやすく解説していきます。SMBCモビットは、知名度も高く、審査スピードやサービスにも高い評価を得ている大手消費者金融です。実は審査に落ちてしまう要因は限られており、しっかりと対策をとることで審査通過率は格段にアップします。...

 

主婦だといくらまで借りれるの?

パートやアルバイトなどで定期的に収入のある主婦であれば、消費者金融を利用することができます。

その場合、借りることができる金額は、配偶者の年収の3分の1までとなります。

収入が一切ない専業主婦の場合は、銀行カードローンでお金を借りることができます。

限度額は銀行ごとによって異なりますが、上限金額は500万円~800万円です。

結論、主婦が借り入れするのに消費者金融とカードローンどちらがおすすめ?

消費者金融とカードローンにはそれぞれ特徴があります。

借主の状況によってどちらを選ぶか決めましょう。

こんな人は消費者金融

今日明日にでもお金が必要など急いでいる人なら消費者金融がおすすめです。

・消費者金融のメリット

審査が比較的ゆるく、即日お金を借りることができます。

・消費者金融のデメリット

金利が高めに設定されており、配偶者の年収3分の1までの貸付上限があります。

 

こんな人は銀行系カードローン

お金を借りるまでの時間があり、なるべく金利を安く抑えたい人は銀行系カードがおすすめです。

・銀行系カードローンのメリット

金利が低く設定されており、配偶者の年収とは関係なく、収入のない専業主婦であってもお金を借りることができます。

・銀行系カードローンのデメリット

審査が厳しく、融資までに時間がかかります。
即日お金が必要な人には向いていません。

旦那に絶対にバレたくない主婦は必見!内緒で消費者金融を利用するための条件とは?

旦那や家族に内緒で消費者金融を利用することは可能です。
バレずに利用するためのコツについて解説します。

郵送物の送られてくるタイミングに注意

カードローンに申し込んだ後、自宅にカードや契約書が郵送されてくる場合があります。
差出人は消費者金融とはわからない名称で送られてきますが、万が一開封されてしまったらバレてしまいます。
申し込みをすべてWEBで行い、カードも発行しない申し込み方法であれば、郵送物なしで利用することができます。

消費者金融からのメールに注意

WEB申し込みであっても、バレる危険はあります。
WEBから申し込みをする際に、メールアドレスの登録が必要だからです。
メールも家族に見られないように注意しましょう。

ATMの利用明細に注意

借入・返済時に消費者金融や提携金融機関のATMを利用した際は、利用明細書が発行されます。
小さな紙なので、つい財布やポケットの中に入れっぱなしにしてしまうこともあるかと思いますが、そこからバレてしまうこともあるので注意しましょう。

消費者金融カードに注意

最近の消費者金融カードは、パッと見それとはわからないデザインになっています。
それでも家族に見られたりしないよう、保管には気を付けましょう。

返済の遅延に注意

返済が遅れてしまうと、携帯電話やメールアドレス宛に督促の連絡が入ります。
その後、自宅の固定電話や職場、そして自宅宛てに郵送で督促状が届いてしまいます。
家族だけでなく、職場にも消費者金融を利用していることがバレてしまうので、返済の遅延はしないようくれぐれも気を付けましょう。

旦那にバレてもOKな主婦は配偶者貸付という手もある

もし、配偶者公認であれば、配偶者の同意を得た上で利用ができる、配偶者貸付という方法もあります。

借りることができる上限金額は貸金業法の総量規制にのっとり、配偶者と申込者(主婦)合わせての年収の3分の1まで借りることができます。

家族に隠し事はなしで、それでもお金を借りなければならない時は、配偶者と相談した上で配偶者貸付を借りるのも手です。