消費者金融比較

消費者金融のレディースローンを利用すればパート主婦でも借入可能!普通の消費者金融とは安心感が違う女性のためのレディースローンを知って正しく利用しよう

レディースローン 消費者金融

主婦の方でも「少しだけ家族に知られずに借入したい!」「初めての利用で通常の消費者金融へ行くのは不安」という時に役立つのが消費者金融レディースローンです。

女性のために女性オペレーターが丁寧に相談に乗ってくれます。

突然の出費にも慌てず対応できるようにレディースローンについて知っておきましょう!

 

Contents
  1. 主婦や学生でも借りやすい消費者金融のレディースローンって何?
  2. 安心感No.1の消費者金融レディースローンの特徴とは
  3. 消費者金融のレディースローンを利用するメリット
  4. 消費者金融レディースローンを利用するデメリット
  5. 消費者金融レディースローンへの申し込み方法
  6. 通常の消費者金融とレディースローンの違い
  7. 消費者金融のレディースローンにも取り立てはあるの?
  8. パート主婦でも消費者金融レディースローンを利用すれば借入可能!

主婦や学生でも借りやすい消費者金融のレディースローンって何?

消費者金融という好ましくないイメージだけが先行して、「本当に借りても大丈夫なの?」「怖い取り立てがきたらどうしよう…」と融資を受けるのに躊躇してしまう女性は多いです。

しかし消費者金融のレディースローンなら女性に嬉しいポイントがたくさんあります。

まずは、主婦や学生でも融資を受けやすい消費者金融のレディースローンについてチェックしていきましょう。

大手消費者金融が始めた女性向けキャッシングサービス

女性向けのキャッシングサービスは大手消費者金融でも取り扱いが増え、消費者金融で融資を受けたいと感じている女性が安心して利用できるものとなっています。

大手消費者金融の「アイフル」では2015年の6月に女性向けに作られた「SuLaLi(スラリ)」の販売を開始。

SuLaLi(スラリ)は、女性向けのおしゃれなデザインに富んだカードが利用できたり、女性のオペレーターによる専用のダイヤルで相談できたりと、初めての融資で不安だという女性に寄り添ったサービスを利用できるのが特徴です。

プロミスアコムに関しては一般のカードローンと共有の商品を展開し、女性専用のサービスとして独立しているわけではありませんが、プロミスでは「レディースキャッシング」アコムでは「働く女性のカードローン」とし、それぞれ女性が安心して利用できるサービスを展開しています。

レディースローンは男性でも利用できる

レディースローンと聞くと「女性専用のカードローン」という印象がありますよね。

でも実は、レディースローンは女性だけでなく、男性でも利用できるサービスです。

プロミスやアコムはもちろん、アイフルの女性専用の「SuLaLi(スラリ)」でも男性の利用もOKとなっています。

男性の中にも女性と同じように消費者金融を利用するのに不安を抱えている方も多いため、消費者金融に恐怖を感じるならあえてレディースローンを選択するのも手です。

女性専用のレディースカードローンなら、オペレーターの方が女性なので安心して利用できるという男性の声も多いよう。

初めてで借り入れ方法が良くわからない、消費者金融に抵抗があるという男性でも安心して利用できるのでおすすめです。

安心感No.1の消費者金融レディースローンの特徴とは

レディースローンは「安心」というイメージがありますが、では実際、どんなところが安心できるのかの特徴をチェックしていきましょう。

オペレーターが全員女性で相談しやすい

消費者金融へ相談やわからないことを聞くときなどオペレーターの方と話す機会もあるでしょう。

でも女性からすると電話の相手が男性だと少し抵抗があると感じることもしばしば…。

しかし、レディースローンなら電話対応してくれるオペレーターが全員女性なので安心して相談や申し込みができるという声は多いのです。

もちろん男性が怖いというわけではなく、女性に対してのイメージとして「柔らかい声・丁寧な説明」というものがあるため、初めて利用するなら、やはり女性専用のレディースローンを利用するのがおすすめ。女性同士なら話しやすいというのが、レディースローンの特徴です。

レディースローンは在籍確認に柔軟な対応をしてもらえる

配偶者や会社などにローンの利用を知られるのが困ると感じている女性も安心して利用できるのが、レディースローン。

プライバシー保護を重視しているレディースローンは、在籍確認に関しても比較的柔軟な対応をしてもらえるという特徴があります。

レディースローンの多くは、第三者にローンのことが分からないように配慮したり、電話での在籍確認時の名前や日時に関しても柔軟に対応してくれるところが多いでしょう。

柔軟な対応してくれると言っても、それぞれのローン会社によって対応も違ってくるので、在籍確認に関して不安がある場合は、事前にしっかりと相談することをおすすめします。

場合によっては、必要書類の提出にて在籍確認をOKとする場合や申込方法によって電話連絡をなしとするローン会社もあるので事前に確認をしておきましょう。

プライバシーがしっかり守られる

「ローンを利用していることが周りの人に知られてしまうのでは…。」と不安を抱えている女性はとても多いですが、プライバシーがしっかりと守られている点もレディースカードローンの特徴です。

主婦の方が冠婚葬祭や少し生活費が足りないなどでレディースローンを利用したいと思っていても「旦那に知られるのは困る…」という方も少なくはありません。

在籍確認をはじめ、家族の同意書の有無など比較的融通が利き、誰かにローンをしているということが分からないように対応をし、利用する人のプライバシーを徹底して守ってくれるのが魅力です。

借入限度額が低めに設定されていて安心

中には、「借り入れをしすぎてしまうのが不安…。」と感じている女性も多いようですが、レディースローンでは借りすぎを防ぐため限度額事態が低めに設定されているところが多いのが特徴です。

一般的なカードローンだと、借り入れ限度額が高く設定されているため、一度借りると次も「ちょっとくらい借りても大丈夫だよね…。」とどんどん借りすぎてしまうという方は意外と多いため、最初から借りられる額が少ないレディースローンを選択すれば、無駄な借り入れを事前に防ぐことができます。

借り入れ限度額が低めに設定されているので、借りる前から安心できるといった点もレディースローンの特徴です。

消費者金融のレディースローンを利用するメリット

消費者金融のレディースローンは、安心して利用できるということ以外にもさまざまな利用するメリットがあります。

ここからは、消費者金融のレディースローンを利用するメリットをチェックしていきましょう。

利用条件が優しくパート主婦でも借入しやすい

カードローンは、審査や利用条件が厳しく、パート主婦では中々借り入れができないのでは?と疑問を持っている人も多いですが、レディースローンなら年収の多さよりも継続した安定した収入があるかどうかが重視されます。

そのため、正社員の方だけでなく、パート・アルバイト・内職など安定して継続的な収入があれば、レディースローンを利用できるのです。

そのためパート主婦でも簡単に借り入れをしやすいのがメリットと言えます。

丁寧な説明を受けることができる

女性は男性と比べるとローンに対して、精神的な不安を抱えている場合が多いと言われています。

精神的な不安とは「誰かにローンをしているのが、バレたらどうしよう…」「お金は借りたいけど、返済や仕組みが分からない。」といったこと。

レディースローンならコールセンターで対応してくれるスタッフも全員女性、初めての借り入れでも安心して利用できるように丁寧な説明を受けることができるのがメリットです。

基本的に借り入れが初めてであったり、不慣れであることを前提にコールセンターの方も丁寧な対応をしてくるため、借り入れに対する不安もしっかりと解消できます。

消費者金融のコールセンターは基本的に24時間対応してくれる場所が多いため、いつでもどんな時も不安なことがあれば、相談できるのもメリットと言えるでしょう。

レディースローンは家族にバレないように配慮してもらえる

はやり、ローン・借金は家族には知られたくないですよね。

レディースローンはプライバシーの保護を重視しているため、家族にバレないように配慮してもらえる場合がほとんど。実際、多くの利用者から「家族にバレたくない」という声は多いため、自分以外の第3者にローンのことが分からないように、在籍確認時の名前や日時などを柔軟に対応してくれのです。

レディースローンなら、家族からの同意書や審査での家族の同席などは必要ありません。また、無人契約機を利用すれば、契約書もローンカードもその場で受け取ることが可能となります。

そのため、郵便物がきっかけで家族にローンがバレる心配もないのです。

借入上限額が低いため多重債務になりにくい

カードローンには、借り入れ限度額があり、「年収の3分の1までしか借入れできない」という決まりがあります。

これは、年収300万円の人なら限度額が100万円になるということ。ただ、100万円もげんどがくがあると、「あと少し借り入れしても平気かな…。」とどんどん借りてしまう、他のローン会社からも借りてしまうなど、多重債務を起こしてしまう人も多くいます。

しかし、レディースローンは借り入れ限度額が低めに設定されているので、借りすぎる心配が普通のカードローンよりもかなり低いのが特徴です。

一般的なレディースローンの借入限度額は最大額が50万円程度とされていて、大きな借り入れができないのもメリットとなります。

配偶者貸付が利用できる場合もある

レディースローンでは、貸金業者に配偶者の同意書を提出することで配偶者貸付を利用できる場合があります。

配偶者貸付けを利用することで、自分だけの年収だけでなく、配偶者と合算した年収の3分の1の借り入れが可能になるのです。

配偶者にローンのことを伝えられるなら、配偶者貸付を利用することで借り入れの限度額が高くなるというメリットがあります。

配偶者貸付を利用することで、自分自身に収入がなくても借り入れが可能になるため、専業主婦の方や収入が少ない方でも安心して利用できるようになるのです。

消費者金融レディースローンを利用するデメリット

消費者金融のレディースローンは様々なメリットがありますが、利用することでのデメリットもあります。

ここからは消費者金融のレディースローンのデメリットをチェックしていきましょう。

金利優遇などの特別待遇で借りられる訳ではない

レディースローンと聞くと女性にとって優遇されるような特別な特典が付くのでは?と思われる方も多いですが、レディースローンのサービス内容は通常の消費者金融で提供しているカードローンと内容自体に違いはありません。

レディースローンだからと言って、女性への金利優遇などの措置は一切なく、特に金利が低く設定しているわけではないことを押さえておきましょう。

アルバイトやパートをして一定の収入は必要

消費者金融のレディースローンは、専業主婦でもOKというわけではなく少額であってもアルバイトやパートなどで一定の収入を得ていないと利用することはできません。

これは、改正貸金業法による「総量規制」という制度により「年収の3分の1までしか借入れできない」という決まりがあります。

そのため、自分自身に収入がない場合は消費者金融のレディースローンで貸付を受けることが難しいのです。

配偶者貸付を利用する場合は配偶者の同意が必要

専業主婦で収入がなくても「配偶者貸付」を利用してレディースローンを利用することが可能ですが、必ず配偶者の同意が必要となります。

そのため自分自身に収入がなく配偶者にカードローンを利用することを知られたくない場合は、消費者金融のレディースローンを利用することはできません。

高額な借り入れはできない

レディースローンでは、申込者本人に安定した収入がある場合借り入れすることができます。そのため、収入が低くても簡単に申し込むことができます。

レディースローンの貸し付け上限額は一般的に50万円程度とされているため、高額な融資額を申請したいと思っていてもできない場合が多いのもデメリット。

大きなお金を貸付したい場合は、一定以上の収入の多さが必要となるのです。

消費者金融レディースローンへの申し込み方法

レディースローンのメリットデメリットを抑えたうえで、消費者金融のレディースローンへの申し込み方法をチェックしていきましょう。

申し込みに必要な書類を用意しよう

消費者金融のレディースローンに必要な書類は一般的に以下のものが挙げられます。

必要書類

ここに本文を入力

  • 身分証明書
  • 収入証明書

身分証明書は、運転免許証・パスポート・健康保険証などになります。ただ、顔写真付きの身分証明書出ない場合は、2点の書類の準備が必要となります。

収入証明書は、給与証明書・源泉徴収票・納税証明書などのいずれかが必要です。

ただ例外として、規定限度額以下の場合は一部のカードローンでは収入証明書が不要な場合もあるので、自身が利用するカードローンの必要書類をしっかりと確認しましょう。

レディースローンの申し込みはWEBからもできる

多くのレディースローンは、WEBからも申し込みも可能です。スマホやパソコンからなら、24時間いつでも申し込みができるので忙しい方でも申し込みしやすいのが魅力。

中には申し込みだけでなく、契約までWEBで完結できるレディースローンもあるので、自分にあったカードローンを探してください。

在籍確認にも配慮してもらえます

レディースカードローンはプライバシーの保護が万全のため、在籍確認に関しても第3者に知られないように業者名を名乗らず個人名を名乗ってくれるなどしっかりと配慮してもらえます。

在籍確認の際の細かい希望にも対応してくれる場合が多いので安心して利用できるのです。

中には、WEB完結申込のみで、電話連絡不要となるローン会社もあるので事前に確認をしておきましょう。

通常の消費者金融とレディースローンの違い

一般的な消費者金融とレディースローンの違いについても細かくチェックしておきましょう。

増額申請はできない

すでに借り入れしていて借り入れの額を増やすために新しカードを発行するよりも現在使っているカードローンの増額をした方が、金利が低くなったり、審査が早くなったりとメリットがあります。

しかしながらレディースローンの場合、もともと設定されている限度額が低いため増額申請ができない場合があるのです。

もともと使いすぎないように限度額が配慮されているため、レディースローンでは増額申請ができないのが一般的。

後々を考えて借り入れを増額しようかと検討してるなら、通常の消費者金融を選択するのが望ましいでしょう。

金利が異なる場合もある

基本的には一般的な消費者金融とレディースローンとでは金利が違うなど、特段レディースローンが金利優遇など特別待遇で利用できることはありません。

しかしながら、それぞれの消費者金融では金利も変わってくるため、自分の利用目的にあった消費者金融を見つける必要があります。

レディースローンや通常の消費者金融を探す前に自分自身が、即日利用できる場所を探しているのか、即日ではなく金利が安い所を探しているかなど、自分が求めているものを明確にすることをおすすめします。

それぞれの金融会社によって金利が異なる場合があるためしっかりとチェックしておきましょう。

一番の違いは安心感

通常の消費者金融とレディースローンの一番の違いは、安心感にあります。基本的に女性が特別待遇を受けられるわけではないレディースローンですが、多くの女性に選ばれているのも事実です。

それは、丁寧に説明を受けられる・コールセンターが女性といった点が選ばれる理由と言われています。

さらに、低収入であっても審査が通りやすいといった点もレディースローンを安心して利用できる理由の一つでしょう。

通常の消費者金融では少し敷居が高いと思っている方でもレディースローンなら申請しやすいという違いがあるのです。

消費者金融のレディースローンにも取り立てはあるの?

消費者金融のレディースローンで融資を受けるとして気になる「取り立てがあるのか?」という点を確認していきましょう。

法律で禁止されているような悪質な取り立ては当然ありません

消費者金融のレディースローンは法律に則って営業しているので取り立ての心配がありません。

テレビドラマなどの影響からローン会社=怖い場所と思われていますが、消費者金融であるレディースローンは、内閣総理大臣・都道府県知事の許可や登録申請を済ませているため安心して利用することが可能。

レディースローンに限らず今は悪質な取り立てなどの心配は一切なく安心して利用できますよ。

 

返済が遅れてしまう場合には必ず連絡すること

違法な取り立てはありませんが、借りる側も返済が遅れてしまう場合には必ず連絡を取ることが大切になります。

基本的に仕事先や自宅への電話連絡は在籍確認時にかかってくるのみですが、その後の融資など受けられなくなってしまう場合があるため、返済が遅れてしまいそうなときは必ず連絡をして相談をすることをおすすめします。

 

連絡もなく遅延すると督促が届くことも

返済ができないからと言って連絡もせずに過ごしていると自宅などに督促が届くこともあります。

返済が遅れてしまって焦る気持ちもわかりますが、連絡もなく遅延すると、カードローンの利用停止・信用情報に傷がついてしまう・遅延損害金の発生なども考えられます。

場合によっては一括返金を求められることもあるため、「返済が難しい」となってしまった場合は必ずコールセンターへ連絡をいましょう。

パート主婦でも消費者金融レディースローンを利用すれば借入可能!

消費者金融のレディースローンは金利優遇などは無いにせよ、コールセンターが女性であったり丁寧に説明や相談を受けることができたりとさまざまなメリットがあります。

また、アルバイト・パート主婦など収入が低くても利用しやすいので、融資を受けたいと考えているなら、消費者金融のレディースローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。