「即日お金借りる」方法を一挙紹介!消費者金融以外にその日のうちにお金借りれる方法と借りては行けない方法も解説

即日お金借りる
  • 「どうしても今日中に支払わないといけないものがある」
  • 「出張費用を立て替えないといけない…」
  • 「税金の支払い期限が今日までだった!」

このように即日お金が必要となることは多々あります。

どんな理由があれど迷っている暇はなく、即日お金が必要な時、具体的にどんな手段があるのか見当もつかないという方も多いのではないでしょうか。

このサイトでは、即日お金を借りる方法について詳しく解説していきます。

お金借り太郎
お金借り太郎
金融機関からの即日融資以外の方法もご紹介しています。

即日お金借りる方法

「即日お金を借りる=金融機関に申し込む」というイメージを持っている方も多いですが、実は即日お金を借りる方法には、金融機関のローンの他にも様々な方法があるのをご存知でしょうか?

それぞれの特徴を知り、自分に合った方法を見つけましょう。

即日審査のカードローンを利用してお金借りる

即日融資・即日お金借りるといえば、まず最初に選択肢にあがるのが、CMでもお馴染みのプロミスアイフルSMBCモビットなどの大手消費者金融のカードローンではないでしょうか。

大手消費者金融は即日お金借りることも可能なスピーディーな審査が強み。

審査は最短30分、融資まで最短1時間なので、すぐにお金が必要な方にとって非常に頼りになる存在といえます。

自動契約機や提携ATMも多く、全国どこからでも即日お金借りるを受けることができるのが大手ならではの特徴です。

また申込みから借入までネット上で全て手続きできるWEB完結や、無利息期間などの各種サービスが充実している点も魅力です。

銀行などでもカードローンの取り扱いはありますが、こちらは即日融資には対応していませんので注意しましょう。

以前は即日融資も可能でしたが、2018年1月より、銀行の融資審査では、警察庁データベースへの照会を行い、反社会的勢力の該当有無をチェックすることが義務付けられました。

照会の回答は最短でも翌日以降となるため、申込み当日中に融資をすることが実質的に不可能となっています。

 

即日審査の中小消費者金融を利用してお金借りる

大手消費者金融ほど知名度はありませんが、中小消費者金融も貸金業法に則って営業をする正規業者です。

サービス面や店舗・ATM数などでは大手に劣るものの、審査に柔軟性があり信用情報に傷がある方でも中小消費者金融の審査には通過できたというケースも多いことから、大手の審査に落ちてしまった方の受け皿的な役割も果たしています。

セントラルユニーファイナンスアロー、キャッシングのフタバなど、一部の中小消費者金融では即日融資に対応可能とされているものもあります。

ただし実際には審査に時間がかかり、融資までに数日かかるというケースも少なくありません。

またユニーファイナンスのように「即日融資を受けるには来店が必須」といった条件があるなど、大手に比べるとハードルが高いのも事実です。

絶対に即日お金を借りたいという事情がある方は、大手消費者金融のカードローンを優先して申込む方が良いでしょう。

 

お金借り太郎
お金借り太郎
消費者金融比較についてはこちらの記事で詳細に解説しています。

 

クレジットカードがあるならキャッシングを利用して即日お金借りる

クレジットカードには、買い物や支払いに利用できるショッピング機能だけでなく、コンビニや銀行のATMから現金を引き出せるキャッシング機能があります。

意外と知られていないキャッシング機能ですが、この機能が付帯しているカードを保有していれば、キャッシング限度額内で即日お金借りることが可能です。

ただしキャッシング枠は全てのクレジットカードに必ず付いている訳ではなく、カードの申込時にキャッシング枠を付けるかどうかを選択して審査を受ける必要があります。

キャッシング枠がない方も後から追加申請はできますが、別途審査が必要になるため、この場合は即日キャッシングはできません。

 

家族・友人を頼る

  • 消費者金融やクレジットカードのキャッシングは利息が心配。
  • 審査に受かる自信がない。

このような不安がある場合は、信頼できる家族や友人を頼るのも一つの手です。

金融機関の融資のような申込み手続きや審査もないので、少額であればすぐにお金を貸してもらえるというメリットがあります。また、相手の同意があれば、利息なしで借入できる可能性もあります。

その一方で、返済が滞ってしまった場合には、トラブルに発生し、人間関係が壊れてしまうリスクもあります。

親しい間柄であってもお金を借りる以上はきちんと誠意を持って約束を守り、細心の注意を払わなければなりません。

 

お金借り太郎
お金借り太郎
親族でも金銭消費貸借契約書を作成しましょう。

質入れできるものがあれば質屋を利用することで即日お金を手に入れる

質屋とは、品物を預けていただく代わりにお金を融資する店舗のこと。

腕時計やジュエリーなどの高級貴金属、ブランドバッグ、財布・小物類があれば、質屋でその品物を担保にお金を借りることができます。

品物を担保にするため金融機関のような複雑な審査もなく、即日お金借りることも可能。その場で査定を行い、品物に見合う金額を貸付してもらうという仕組みです。

高価で大切な品物を預けるのは不安という方も多いと思います。しかし、買取のように手放すという訳ではありませんので安心して下さい。質入れした品物は、期限までに元金と利息をきちんと返済できれば無事に自分の手元に返ってきます。

ただし返済できなければ預けた品物の所有権が質屋に移ってしまうので注意しましょう。

 

即日ではなくてもいいからお金借りる方法

前項で紹介した通り、即日お金借りる方法だけでも様々な手段がありますが「即日ではなくてもいいからお金を借りたい」という場合には選択肢が更に広がります。

低金利で借入ができるものも多く、利息負担を少しでも抑えたいという方のニーズにも応えることができます。

安定のカードローンを利用してお金借りる

いつでも好きな時に借入・返済が繰り返しできるカードローンは、数ある融資商品の中でも根強い人気。

即日お金借りる方法にこだわらないという方は、銀行のカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

銀行カードローンの最大の特徴は、金利の低さ。

審査が厳しい傾向にはありますが、その分、金利は消費者金融に比べて低くなっています。

どの金融機関でも、初めての契約では上限金利が適用されることがほとんどですが、消費者金融の上限金利が18%程度であるのに対し、銀行系では上限15%以下で借入が可能です。

金利が低いほど総支払額を抑えることができるため、しっかりと各社の上限金利を比較してみて下さい。

基本的な使い方やサービス面では、消費者金融カードローンと大きな違いはありませんので、時間的に余裕があり少しでも負担を抑えたい方は、低金利の銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

国や市区町村、公的機関の制度を利用してお金借りる

民間金融機関の融資は、安定した収入があることが大前提です。

しかし、お金に困っている方の中には、失業や転職、病気療養が原因で収入が不安定になったという方も少なくありません。こうした事情により民間ローンが利用できない方や、年金受給者、母子・父子家庭などで経済的に苦しい方には、国や市区町村、公的機関の制度を利用するのも一つの手です。

連帯保証人の有無でも金利が変わりますが、公的な融資なので基本的にはどの制度も金利は低く、無利子〜1.5%で借入ができます。

それでは、国や自治体の取り扱っている代表的な制度をいくつか紹介します。

生活福祉資金貸付

低所得者、高齢者、障害者などが安定した生活を送るため、都道府県の社会福祉協議会が主体となって資金の貸付や自立のための相談支援を行う制度です。以下の条件に該当する方が貸付けの対象となります。

  • 資金を他から借りることが困難な低所得者世帯
  • 障害者手帳などの交付を受けた人が属する障害者世帯
  • 65歳以上の高齢者が属する高齢者世帯

生活福祉資金貸付制度の資金は、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類に大きく分類されます。

その中でも更に細かく用途が分類されており、目的に合わせて申し込むという方式です。

 

緊急小口資金貸付

緊急小口資金貸付は、生活福祉資金貸付制度のうちの一つ。緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、10万円以内でお金を借りるできる制度です。

一時的に生活困難に陥る状況としては、一例として次のようなケースが挙げられます。

  • 給与の盗難、紛失による生活費の困窮(貸付限度額5万円)
  • 火災などに被災した
  • 年金や初回給与等の支給待ち
  • 解雇や休業を要因とする収入減少
緊急小口資金等の特例貸付の実施について画像は厚生労働省HPより

 

融資額は少額ですが、保証人不要、無利子で利用できるので、どうしても生活が維持できない緊急事態には検討すると良いでしょう。

 

母子福祉資金貸付

20歳未満の児童を扶養している母子・父子家庭、寡婦の方を対象とする融資制度です。就労や児童の修学などでお金が必要になった際に、自治体からお金借りることができます。

修学資金、事業開始資金、生活資金など、様々な用途に合わせて資金が用意されています。

お金借り太郎
お金借り太郎
自分が住んでいる市区町村で行っていますので、役所などに連絡してみましょう。

 

年金担保貸付

公的年金の受給者が、その年金受給権を担保として低金利で融資を受けられるのが年金担保貸付です。

 

年金の種類は、老齢年金、老齢基礎年金、障害年金、遺族年金に限定されています。上限年齢や年金以外の収入がない等の理由で消費者金融などの審査に通らない高齢者でも、この制度を利用すれば資金調達が可能です。

ただし、年金担保貸付は2022年3月末で新規申込の受付が終了することが決まっています。

その後借入が必要な場合には、一定の要件を満たせば生活福祉資金貸付制度が利用可能です。

公的融資制度を利用する場合、注意していただきたいのが融資までの期間です。

こうした制度は、相談や審査などの各手続きに時間を要するため、申請から融資まで約2〜3ヶ月はかかるのが一般的です。

緊急小口資金の場合は比較的スピーディーですが、それでも1週間前後は見ておく必要があります。

また貸付対象者の条件も細かく定められているため、証明書類や手続き方法も煩雑です。思い立ったその日に何の準備もなく申込みができるほど単純ではなく、急な融資には対応することができないため、余裕を持って申込み手続きをしなければならないと肝に銘じておきましょう。

 

未成年が即日お金借りる方法はあるの?

未成年が即日お金借りる

民法では未成年が法定代理人(一般的には両親)の同意を得ずに交わした契約は、取り消しができると定められています。

そのため銀行や消費者金融のローンは、利用条件にも明記してある通り、満20歳以上でなければ審査に通過することはできず、貸倒のリスクが高い未成年への融資は行っていません。

とはいえ未成年は全ての借入が利用できないという訳でないので安心して下さい。未成年がお金を借りる一つ目の方法は、学生を対象に融資を行なっている学生専用ローン。

即日お金借りることが可能な業者もあり、急な旅行、教材の購入などにも対応できます。

学生専用ローンで即日お金借りる

原則20歳以上の方の利用のみとなっている業者も多いですが、親権者の承諾などがあれば「フレンド田(DEN)」や「カレッヂ」といった一部の学生専用ローン業者では未成年でも即日お金借りることができます。

 

学生専用クレジットカードで即日お金借りる

そして二つ目が学生専用クレジットカードです。

高校生を除く、満18歳~25歳までの方が利用できる「三井住友カード デビュープラス」や「学生専用ライフカード」などの学生専用クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、一般的なクレジットカードと同様にATMから即日お金を借りることができます。

未成年の学生の方は申込み時に親権者の同意が必要となりますが、いざという時のために1枚持っていると安心です。

フリーターが即日お金借りる方法はあるの?

フリーターは、正社員に比べると収入が低く、雇用も不安定。

そのため、「フリーターがお金を借りるのは難しいのでは…?」と思われがちですが、実は条件さえ満たしていればフリーターでも消費者金融での即日お金借りることも可能です。

カードローンの申込条件には記載されているのは、「安定した収入のある20歳以上の方」という言葉。

この「安定した収入」というのは毎月一回以上の収入が入ってくることを意味しており、労働形態に関する指定ではありません。

つまり正社員だけでなく、パートやアルバイトとして働いているフリーターでも、定期的な収入さえあれば即日お金借りれる可能性も十分にあり得るということです。

ただし、日雇いや短期間のアルバイトの場合は、今後の収入の保障もないため安定しているとはみなされず、審査に落ちる可能性は高いでしょう。

 

 

無職が即日お金借りる方法はあるの?

金融機関から即日お金借りるためには、返済能力があることが必須条件。

そのため、基本的には働いていない無職の方の借入は不可能です。

たとえ、年金や生活保護などで毎月一定の受給があるとしても、消費者金融では収入とはみなされず融資を受けることができません。

しかし例外として、賃貸物件を保有していたり、駐車場経営で毎月安定した不動産収入が入ってくる場合は、働いていなくても消費者金融で即日お金を借入できる可能性があります。

このようなケースは特殊なので、返済能力を証明するために確定申告書などの提出を求められ、審査にも時間を要する場合も多いですが、どうしても急ぐ場合は、電話で事情を相談してみるとと良いでしょう。

専業主婦が即日お金借りる方法はあるの?

銀行カードローンの中には専業主婦でも利用できる商品がありますが、警察庁データベースへの照会を行わなければならないため、審査の仕組み上消費者金融のように即日お金借りることはできません。

一方、消費者金融には「総量規制」という貸金業法上の制限があり、融資ができるのは年収の3分の1までと定められています。

そのため、年収0円の専業主婦は消費者金融で借入ができないとされています。

しかし例外として、配偶者の年収と合わせて年収の3分の1までは融資を受けられる「配偶者貸付」という制度を利用すれば、本来は融資対象外の専業主婦でも消費者金融で即日借入が可能です。

ただし、配偶者の同意書、配偶者の収入証明書、婚姻関係を証明できる書類(戸籍謄本や住民票)など、提出書類も多いので手間はかかります。

この制度を使って即日お金借りる場合は、事前に書類を用意し、配偶者の協力を得た上で申し込むようにしてください。

また配偶者貸付を利用できる消費者金融は限られており、大手消費者金融ではまず利用できないという点には注意しましょう。

 

 

事業者がお金借りる方法

事業主が即日お金借りる方法

消費者金融などのカードローンは、基本的には資金使途自由です。

もちろん、個人事業主や経営者などの事業者でも申込みはできますが、実は事業資金として利用することは禁止されています。

しかし、事業を営んでいる以上は、どうしても当面の事業資金を借りなければならないという状況に直面する時もあるでしょう。

このような時に是非利用していただきたいのが、日本政策金融公庫の融資制度です。

即日お金借りることはできませんが、実績の少ない個人事業主や中小企業でも融資を受けられる可能性が高く、基本的には無担保・無保証で利用できるというメリットもあります。

また、日本政策金融公庫の融資を受けたという実績は会社の信用度を上げることにもなり、結果的に他の民間金融機関での審査にも通過しやすくなります。

日本政策金融公庫は、中小企業のサポートをすることを目的とした機関。

他の銀行に断られた方や創業期の方への融資も前向きに行なっているので、資金不足にお悩みの方は是非相談してみましょう。

お金借りては行けない方法

お金に切迫した状況に置かれると、「どんな手を使ってでもお金を借りたい」と考えてしまいがち。

しかし、世の中にはこうした心の闇を狙った犯罪まがいの危険な手口が横行しており、一度手を出すと取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

それでは、「知らなかった」では済まされない、絶対に利用してはいけないお金の借り方を詳しく見ていきましょう。

ヤミ金融(金融庁届け出してない)

「ブラック・多重債務者OK」「審査なし」といった甘い宣伝文句。

生活に困窮しており、どの金融機関の融資にも通らない方にとってはとても魅力的な言葉ですが、こうした広告を出している業者はヤミ金融と思って間違いありません。

ヤミ金とは、金融庁に届出を出していない違法貸付業者。お金に困窮している人に法外な金利で貸付をし、多額の利息を搾取する悪質な手口を使います。

「すぐに返せるから少しだけなら大丈夫だろう」という考えは厳禁。利息は短期間で膨れ上がり、到底返済できない程の額に膨れ上がってしまうことは目に見えています。

そして、最も恐ろしいのが返済できなかった時。職場や家族への執拗な連絡、暴力的な取り立てを行い、本人だけでなく周囲の人の人生までも崩壊させてしまうほど執拗に追い立ててきます。

また、最初は優しい対応で接し、返済できなくなると態度を豹変させる「ソフト闇金」という手口もあるので要注意です。

ヤミ金はあらゆる手口でお金に困っている人の心に付け入ってきますが、どんな理由があっても絶対に利用してはいけません。

知らない人から借りる

互いに面識のない者同士がお金の貸し借りをし合う「個人間融資」が、SNSやインターネット掲示板で増えています。

通常の感覚であれば見知らぬ他人からお金を借りるのは抵抗がありますが、過去の金融事故や多重債務で正規業者から借入ができない方は借りることに必死になるあまりに感覚が麻痺してしまい、こうした個人間融資に手を出してしまうのです。

しかし当然ながら「知らない人が善意でお金を貸してくれる」といったおいしい話があるはずもなく、個人を装った闇金から法外な利息を請求されたり、犯罪に巻き込まれるなど、実態はトラブルの宝庫。

個人情報を抜き取られて、SNSの乗っ取りやクレジットカードの不正利用などに悪用されるといった事例も後を絶ちません。

「給与ファクタリング」もトラブルが多い

「給与ファクタリング」とは、給与債権を担保のようにして業者から現金を借りるサービスです。こうしたサービスを取り扱う業者は、「給与債権を買い取るので融資ではない」「ブラックOK」「利息なし」などの宣伝文句をうたっていますが、利用者が支払えない場合には「給与ファクタリングを会社にバラします」と脅迫まがいの取立てをしたり、年利換算で数百%にも相当する高額な手数料の請求してくるなど、様々な被害が発生しています。

「借金ではない」と記載されていたとしても、個人の給与債権を買い取って金銭を交付・回収する業務は実際には貸金業に該当します。貸金業登録を受けずにこうした業務を営む者は違法業者であり、実質的にはヤミ金と変わりはありませんので安易に利用しないように注意しましょう。

「クレジットカード現金化」も禁止

クレジットカードのショッピング枠を利用して貴金属や商品券などを購入し、買取業者に売却して現金を入手する「クレジットカード現金化」。

審査もなく、即日現金を手にできますが、実はこの現金化はクレジットカード規約違反として禁止されている行為です。

現金化がバレると、強制解約や利用残高の一括返済を求められる恐れがあります。強制解約になれば個人信用情報機関に金融事故として登録され、クレジットカードやローンの審査に通過できなくなることは避けられません。

また、現金化が不正な行為だという認識がありながら利用した場合は、自分自身も詐欺罪(刑法第246条)などに抵触する可能性もあります。一時的な現金を手にすることはできても、その後の生活に多大な不利益を及ぼしますので、現金化は絶対にしないでください。